フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / 納品事例  / 【納品事例】 四日市市 T様邸 RELAX

【納品事例】 四日市市 T様邸 RELAX

【納品事例】 

四日市市 T様邸

西川産業の整圧敷ふとんからRELAX(オーストリア製)のマットレスシステムへのお買い替えです。

使用されるのは70代男性、肩幅がガッチリとした体格の良い方です。

基本的に寝具業界ではBMIが高い人、すなわち身長に対して体重が重い人ほど硬めの敷ふとんを勧められます。

例えば整圧ふとんの硬さにもレギュラータイプとハードタイプがありますが、売り場に行くと
痩せている方や標準的な体格の方、すなわちBMIが低めの方はレギュラータイプが推奨され、
俗に言うガタイがいい人や太り気味の人といったBMIが高めの方はハードタイプが推奨されます。

というのもBMIが高い人が厚み10cm前後のソフトなマットレスに寝ると、
マットレスが薄いため、身体の重みで床付き感が出てしまったり、身体が沈み込んでしまったりと、

色々と不具合が出てくるからです。

そのため、体重がある人ほどハードなマットレスに寝るべきという考えが広まっているのですが、
そこには落とし穴があります。

体重のある人は肩幅が広い傾向にあるので、ハードなマットレスに横向きに寝ると
肩が自分の体重で潰されてしまうという落とし穴が。

今回のT様もそのパターンでした。

人間は寝返りをうつことで筋肉のストレッチを施し、湿度のコントロールをしますから、
仰向き寝だけでなく、横向き寝の姿勢も考慮しなければなりません。

体格の良い人や、体重のある人に最適なマットレスは、ただ硬いだけではダメなんですよね。
柔らかすぎるよりは硬い方がマシ。でも本当はさらに進んだその先の世界があるわけです。

そこで重みのある臀部はある程度支えつつも、出っ張りの大きい背中と肩は圧迫されない程度に沈める。
ウッドスプリングはそんな調整にさせて頂きました。

この上にAustria製のlatexマットレスを乗せ、ベッドパッド、オーダーメイド枕をセット。

T様、美味しいおまんじゅうとお弁当ご馳走様でした!
また枕の調整お待ちしております(^O^)


オーダーメイド枕・布団・ベッド・寝具専門店【快眠屋おの】

〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3

TEL: 0120-12-3359

E-mail : info@kaiminyaono.com



水曜定休 駐車場8台

HP: 
http://kaiminyaono.com