フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 【納品事例】紀北町 S様邸 ウッドスプリングベッドとジェルトロンマットレス
RELAX2000ウッドスプリング

【納品事例】紀北町 S様邸 ウッドスプリングベッドとジェルトロンマットレス

【納品事例】

紀北町 S様邸

娘さんご夫婦のご紹介で快眠屋に敷寝具のご相談に来てくださったS様の奥様。これまでは布団スタイルでおやすみでしたが、そろそろベッドにしようか思案中ということでした。

快眠屋ではただ漫然とマットレスやベッドをお売りすることはありません。

面倒くさい店だと嫌がられる方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちは商品を提案させて頂く前にできるだけ入念にヒアリングをさせて頂くよう努めています。

なぜ寝具の購入を検討されているのか?現状の寝具に不満をお持ちだから?もしそうなら具体的にはどのような不満を?寝心地?サイズ?寿命?デザイン?もし寝心地だとしたらどんなトラブルが?暑い?寒い?蒸れる?腰痛?肩の痛み?背中の痛み?(以下延々と続く…)

何も寝具に限った話では無いと思いますが、私たちが何かを買いたい!と思う時は何かしらの理由があるはずです。

「今の生活をさらに豊かにしたい」「今抱えている悩みを解決したい」

だけど場合によっては「胸を膨らませて買ったはいいけど、いざ手にしてみたら想像と全然違った…」という悲しい結果に終わることもあるでしょう。

そんな時もすぐに買い替えができるものや、安価なものであればまあしょうがないかと割り切れるかもしれませんが、快眠屋がお売りしているものは、一度買ってしまうと買い替えも大変だし、値段も決して安いとは言えないものがほとんどです。ベッドやマットレスなどはその最たるもの。思い描いていた理想と違っても「しゃーなしやな!ガハハ!」とそう簡単に笑い飛ばすことはできません。ジョークグッズではないのですから。

とすれば私たちがしなくてはならないことは、お客様の求めていることを正確に理解できるようにお話をじっくり聞くことだと思うのです。一度買ったら少なくとも数年、場合によっては10年以上使うものだからこそ、できるだけ「思っていたのと違う」という悲劇が起こらないようにお話を聞く。言葉にしてしまえば当たり前のことですが、快眠屋が大事にしていることの一つです。

とまあこんな偉そうなことを言っていても、実際にそれができているかというとまだまだ力不足なことも多いので日々研究を続けています。

RELAX2000ウッドスプリング RELAX2000

入念なヒアリングとフィッティングの結果、奥様にはRELAX2000というウッドスプリングを使ったベッドシステムをお使い頂く事になりました。

RELAX2000の詳細はコチラ

シルバーネスラテックスマットレス シルバーネスラテックスマットレスとRELAX2000

組み合わせるマットレスはシルバーネスH140ハードを選択しました。ウッドスプリングは適切なマットレスと組み合わせて初めて100%の性能を発揮することができ、適切なマットレスは身長と体重、骨格に応じて厚み硬さが決定されなくてはなりません。なんでもかんでも組み合わせればいいというものではないのです。

ジェルトロン2レイヤーマットレス ジェルトロン2レイヤーマットレス

そしてご主人はというと、ベッドフレームに関しては当面は今のものをそのまま使用し、マットレス部分だけを買い替えられることに。将来電動ベッドフレームを使いたいということでしたので、先を見越してマットレスはリクライニングベッドに最適なジェルトロン2レイヤーです。

ジェルトロンについての詳細はコチラ

これまでご主人は硬い敷布団が健康に良いと思われていたようで、ベッドフレームにベニヤ板を乗せ、その上に敷布団を敷いておやすみになっておられました。

「朝起きた時に肩が痛かったり、腕が痺れていませんか?」

「痛いし、痺れとることもあるわ。なんで?」

「硬い敷布団に横向きで寝ていると、肩と腕が圧迫されるので血の巡りが悪くなって、そういう症状が出やすくなるんですよ。柔らかすぎる敷布団やマットレスは論外ですが、ご主人の場合は敷布団が硬すぎてむしろ身体に負担がかかっている可能性が高いです」

電動ベッドに興味を持たれていたので、INTIME1000にセットしてあったジェルトロンに試しに横たわって頂くと、「全然違う。気持ちいいわ。」と気に入って頂けたご様子。身体は正直ですね。

杉寿しさんのお寿司

「お昼ご飯用意してあるで食べてってさ」

ベッドの設置を終えた後の僕たちを待っていたのは、なんととっても美味しそうなお寿司でした(白目)

青天の霹靂、度肝を抜かれる、吃驚仰天とはまさにこのこと。2018年イチの衝撃です。

実はS様ご夫妻は紀北町の有名なお寿司屋さん「杉寿し」の大将と女将さんなんです。ベッドをご購入頂いた上にお寿司までご馳走して頂くなんて、「ほほほ、本当に、い、い、いいいいんですか????い、いくらなんでも流石に図々しくないですかね?(モグモグ)」

一仕事終えた後の美味しいお寿司は格別…!!圧倒的美味…!!

ご主人と奥様のご厚意に完全に甘えさせて頂きました。

S様、本当にありがとうございました( ´∀`)