フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / 羽毛布団etc.  / 【羽毛ふとん】 国産最軽量の側生地

【羽毛ふとん】 国産最軽量の側生地

まだサンプル段階の側生地を使って僕の羽毛ふとんをリフォームしてみました。

どんな側生地かというと、1平米あたり85gという驚異の軽さと、通常の羽毛ふとんの約2倍以上の通気度を併せ持った非常に珍しいタイプ。もちろんポリエステルではなく綿100%です。

通気度が高いと中の羽毛が吹き出しやすくなるというリスクはありますが、その分空気がよく循環し、湿度の調整がうまくいきやすいので、僕のように汗っかきな体質の人にとっては最適のはず。

充填した羽毛は、約4年使用したかさ高18㎝のハンガリーホワイトグース。

僕は身長が178cmなので、サイズは150×220cmと通常よりも10cmだけ丈を長くしましたが、生地が極めて軽いので充填量は1.0kgで十分でした。

キルトは5×6マスの立体キルト、マチ高は8cm。中央3列は両端よりも少し多めに充填してあります。

その結果中央部の厚みは約13.5cmに。

うーん、もっと少なくても良かったかも。

それこそ800gくらいで。

ちなみに、かさ高14.5cmのホワイトダックを平米136gの側生地に1.2kg充填すると、中央部の厚みは約8cm。

かさ高17cmのホワイトグースを平米114gの側生地に1.1kg充填すると、中央部の厚みは約11cmになるので、羽毛が沢山入ってれば良いってもんじゃないってことが分かって頂けるかと。

かさ高のある羽毛=ダウンボールが大きい羽毛を軽量の側生地に充填すれば、軽くて暖かいふとんに仕上がりますよ。

また、本格的に寒くなってきたということもあり、ご注文を頂いていたリフォームを急ピッチで進めています。

・シングル2枚からシングル1枚への仕立て替えのお客様

こういったケースは羽毛がかなり余ることがありますので、その場合余った羽毛はクッションにしてお返ししています。

・ダブル1枚、シングル2枚の合計3枚からシングル4枚への仕立て替えのお客様

ご家族に身長が高い方が多いということで、4枚のうち3枚は220㎝丈でお作りさせて頂きました。いい仕上がりです。


オーダーメイド枕・布団・ベッド・寝具専門店【快眠屋おの】

〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3

TEL: 0120-12-3359

E-mail : info@kaiminyaono.com

水曜定休 駐車場8台

HP: 
http://kaiminyaono.com