フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / オリジナル・ダブルガーゼのウールベッドパッド

オリジナル・ダブルガーゼのウールベッドパッド

kaiminyaオリジナルのウールベッドパッドを作りました。

中綿は英国ウール1.5kg。

側生地はウールの性能を最大限に引き出すため、通気性が非常に高いダブルガーゼを使いました。

日本でよく見られるタイプのウールパッドは側生地の通気が非常に悪く、ウールの周りをビニールで覆った状態に近いと言っても過言ではありません。というのも大手寝具メーカーは吹き出しなどによるクレームを避けるために、そのような生地を採用せざるを得ないからです。

しかしそれでは、ウール本来の性能が大幅にスポイルされてしまいますから、本来快適な眠りを目指すのであれば、ニットやガーゼのように目が粗く通気の良い生地を使うべきだと快眠屋は考えます。

価格はシングルで22,000円(税抜)。

まさに「ビラベックが良いのは分かるけど、そこまでは価格的にちょっと…」という方にお使い頂ければ。

またサイズは基本的にどんな大きさでも作れますので、丈210cmのロングサイズだったり、シングルのベッドを並べて使っている方には200×200cmのワイドキングだったりと、なんでもござれ。

メンテナンスは月に2~3回ほど干して、1~3年経ったら丸洗いして下されば結構です。

そして、この時期になると何度も言っていることですが、保温の基礎は敷寝具から。

身体の熱の約70%は敷寝具から逃げていくので、敷側の保温がおざなりになっていると、いくら掛けふとんや毛布を重ねても思うような暖かさが得られないということに。

冬の冷えを感じる方は、今回ご紹介したウールのベッドパッドのように断熱性や保温力に優れた敷寝具を使うべきです。

よく売られているマイクロファイバー系の敷きパッド、あれはよくありませんね。

マイクロファイバーやアクリルなどの化繊系の繊維には吸水性はあっても吸湿性がないので、人間の肌から出ている水蒸気の処理が上手く出来ないからです。

運動中であれば身体の周りの空気が大きく動きますから、化繊系のスポーツウェアの方が快適なのですが、睡眠中は空気が動くことはほとんどないので、繊維自体に吸湿性がないと湿度が上がり深いノンレム睡眠を妨げる結果に。

質の高い眠りなどいらないというのなら結構ですが、少しでも快適に眠りたいと思うのであれば、化繊系のものは避けるべきです。


オーダーメイド枕・布団・ベッド・寝具専門店【快眠屋おの】

〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3

TEL: 0120-12-3359

E-mail : info@kaiminyaono.com

水曜定休 駐車場8台

HP: 
http://kaiminyaono.com