フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 羽毛布団リフォーム事例6 冬用1枚から春秋用と夏用の2枚に

羽毛布団リフォーム事例6 冬用1枚から春秋用と夏用の2枚に

 

お預かりした羽毛布団は丸八真綿の冬用の羽毛布団です。

側生地にシルク生地が使われているよく見かけるタイプでして、このタイプの羽毛布団を使われている方の多くは「生地が破れて羽毛が飛び出してきたので…」という理由でリフォームに持ち込まれます。シルクはコットンに比べ強度が低いのです…

 

今回のI様もやはり同様のケースでした。

 

 

 

さて羽毛布団をリフォームをする上で留意すべきポイントはいくつもありますが、快眠屋ではリフォームのご相談にいらっしゃる方には必ずこの質問をします。

 

 

もし羽毛布団をリフォームするとしたら次は誰が使うのか?

 

 

この質問はかなり重要です。

快眠屋では、羽毛布団は使う人の体質に合わせて保温力≒厚みを調節すべきだと考えているからです。

 

分かりやすい例で言えば、代謝が高く暑がりな子供と、代謝が低く寒がりな高齢者とでは快適な暖かさは違うはずです。このような二人に全く同じ羽毛布団を提案するのでは、その羽毛布団の品質が高かろうと低かろうと、私たち寝具専門店の価値はないと思うのです。

 

良いものを薦めるだけなら誰にでもできます。プロである必要はありません。

私たちが目指すべき専門店とは、提供する布団の品質が良いのは当たり前で、その上で使用する人にとって最適な暖かさを提案できることだと思っています。

 

 

今回はそういったことを踏まえ、あえて補充羽毛はせずにプレミアムダウンウォッシュ後に残った羽毛をそのまま使わせて頂きました。

 

 

 

取り出し羽毛 1430g

 

除塵・洗浄後 1250g  (−180g)

 

 

 

5×6マス立体キルト バティスト80生地 950g入り(写真左)

 

6×7マスキルト バティスト80生地 300g入り(写真右)

 

 

 

 

 

 

オーダーメイド枕・布団・ベッド・寝具専門店【快眠屋おの】
〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3
TEL: 0120-12-3359
E-mail : info@kaiminyaono.com

水曜定休 駐車場8台

 

HP: http://kaiminyaono.com