フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search

快眠屋のフィッティングサービス

ベッドの選び方

世の中には優れたベッドや敷ふとんが沢山ありますが、私たちのカラダは身長と体重はもちろん、肩幅や背中のカタチ、体質がひとりひとり違うので、万人に合うマットレスは存在しません。せいぜいが「比較的色んな人に合いやすいかな?」と言える程度のものが存在するくらいです。

また現在では高反発や低反発など様々な名称がマットレスに付けられていますが、一口に高反発マットレスと言っても、実際は低反発のような寝心地だったり、単に硬いだけだったりというように色々な種類があります。高反発だったら何でも良い!というのではなく、自分にとって最適な1枚を選ぶことが大切です。

そのため、快眠屋ではあなたに最適なベッドやマットレス、敷ふとんをご提案し、快適な眠りをお届けするために、独自のフィッティングサービスを行っております。お気軽にご利用ください。

わからない事にお答えします

・寝心地の良いベッドが欲しいけど、どんなベッドを買えばいいのか分からない
・仕事が忙しくて睡眠時間が短いので、深い眠りが欲しい
・朝起きると腰が痛い、今のベッドが身体に合っていないのかも
・横向き寝の方が落ち着くのに、横向きに寝ると肩が痛い
・寝返りが多くて、夜中に何度も目が醒める

といったように、ベッド(マットレス)についての悩みをお持ちの方は意外と多いものです。
快眠屋ではこれらの疑問をわかりやすくお客様に説明し最適なベッドをご提案します。

快眠屋おの

Flow of fitting service

フィッティングサービスの流れ

お客様に最適なベッドをご提案するため快眠屋ではフルボディトレーサーによる体型測定のデータに基づき、睡眠に関する豊富な知識で理論的かつ親切なスタッフがベッドをお選びいたします。
快眠屋のスタッフは、滋賀医科大学認定 睡眠健康指導士、日本睡眠環境研究機構 睡眠環境診断士、日本睡眠改善協議会 睡眠改善インストラクターもいるので安心していただけます。

01

カウンセリング

最適なベッドをご提案させて頂くために、快眠屋ではまず眠りについてのお悩みや、現在お使いの寝具環境などについてお伺いします。

02

フルボディトレーサー体型測定

最適なマットレスの硬さは身長や体重によっても変わってきますが、背中のカタチによっても大きく異なります。そのため快眠屋ではできるだけ精確にマットレスをお選び頂けるように、フルボディトレーサーという特許を取得した測定器で、背中のカタチを計測させて頂いております。

03

寝具の組み合わせの提案

ウンセリングの内容とフルボディトレーサーの測定データに基いて、マットレス・ベッドパッド・ウッドスプリング・枕のセッティングを行います。

04

フィティング

ご提案させて頂いた組み合わせに実際に寝て頂き、寝心地を体感してもらいます。横向き時に肩が圧迫されていないか、仰向き時に腰がしっかりと支えられているかなどを確認します。

05

③〜④を繰り返します

例えば同じオーダーメイドタイプのマットレスであっても、ウレタンやジェルトロンなどマットレスの素材が違えば寝心地は異なります。理論だけでなく感覚の面でも最適なものを探すため、数パターンの組み合わせを体感して頂きます。

ベッド商品一覧

Sorry, no posts matched your criteria.

Q&A

よくあるご質問

Q.マットレスは硬い方がカラダに良いって聞いたんだけど?

A. 柔らかすぎるのも困りものですが、硬いマットレスも不眠・腰痛・肩こりの原因になります。
人間のカラダは平坦ではなく凸凹状になっているので、硬すぎるマットレスに横たわると肩やお尻、肩甲骨など出っ張っている部分が圧迫されてしまうからです。そのためマットレスにはカラダの凸凹に沿って沈んだり支えたりする程度の柔らかさが必要です。

特に朝起きた時に背中が張っていたり、横向き寝が多くて肩こりに悩まされているという症状は、硬すぎる敷ふとんやマットレスに原因があることがほとんどです。

Q. 腰痛に良いマットレスってどんなもの?

A.腰痛に良いマットレス=背骨のS字カーブを崩さずに体圧を分散してくれるマットレスです。ですが私たちの体型はひとりひとり異なるため、Aさんにとっては効果的なマットレスが、Bさんにとっては全く良くなかったというケースはよくあることです。他人の口コミやメーカーの宣伝文句はほとんど当てになりません。結局のところ腰痛に良いマットレスとは、自分の体型にとって最適なマットレスということなのですから。したがって、実際に寝る人の体型も考慮せずに、「このマットレスがオススメです!」と答えることは不可能です。

あえて挙げるならば、システムエルゴフレックスやジェルトロン2レイヤーマットレスなどは使用する人の体型に応じて硬さを設定することができるので、当たり前ですがオススメです。

Q. 有名スポーツ選手が使っているマットレスが気になるんだけど、実際のところどうなの?

A.上の質問でもお答えしたことですが、私たちの体型、体質は個人差が大きいので一概に評価を下すことは出来ません。ですが、ただ1つ確実に言えることは「私たち一般人の身体と、世界の第一線で戦うアスリートの身体を同じ目線で考えてはいけない」ということです。もしあなたが筋骨隆々で、体脂肪率も一桁というのでしたらアスリートの方たちが宣伝しているマットレスを使用しても問題はないかもしれません。ですが、きっとほとんどの方はそうではないはず。単にファンだから買いたいというのではなく、より良い眠りを求めて購入を検討されているのであれば、勢いや宣伝だけで購入するのではなく、実際に試し寝をし、本当に自分にとって最適な硬さなのかを判断してから購入されることをオススメします。

ちなみに快眠屋でも取り扱っているアスリート御用達のマニフレックスですが、メッシュウイングやモデル246はかなり硬めの寝心地なので、横向き寝が多い方や痩せ気味の方はご注意下さい。

Q. いびきがうるさい場合はどんなベッドに寝ればいいの?

A. いびきが問題の場合は、気道を確保しやすい横向き寝をオススメするのですが、横向き寝は肩周辺への負担が大きく、単に硬いだけの高反発マットレスでは肩が守れず肩こりや肩の痛みを引き起こします。そのため、肩を優しく沈めてくれるラテックスマットレスやジェルトロンマットレスとウッドスプリングベッドの併用がベストです。

Q. フィッティングサービスを利用したら必ず商品を購入しなければいけないの?

A. いえ、そんな必要はありません。購入については、実際に体感をされてみて本当に気に入って頂けたらで結構です。決して押し売りは致しません。今後の寝具選びにお役立てて下さればそれで結構です。ショールーム感覚でお気軽にご利用ください。

Q. どうしてシモンズやフランスベッドなど金属コイルのマットレスは売っていないの?

A. 一度ご自身でチャレンジされてみるとよく分かって頂けると思うのですが、金属コイルのマットレスは処分しようと思うと、相当な量のゴミが生まれます。それも高級になればなるほどマットレスは分厚くなり、ゴミの量は増えます。

また昨今では、金属コイルのマットレスは金属コイルそのものの性能ではなく、その上のいわゆるピロートップと呼ばれる部分にどれだけ多くのウレタンや綿を詰めるかで寝心地の向上を図っているため、実際にはわざわざ金属コイルを使う必要性はないのです。

そのため、快眠屋では処分やリサイクルが容易で、なおかつ地球環境への負担が少ないメタルフリーのマットレスを推奨しています。これらのマットレスとウッドスプリングを併用することで、金属コイルのダブルクッション以上の寝心地をよりコンパクトに実現することが可能です。

さらにヨーロッパでは、金属コイルのマットレスには周辺の電磁波を引き寄せ、人体に悪影響を与えるという研究が進んでおります。実際に明確な科学的根拠があるわけではないのですが、世界保健機関からも電磁波についてのガイドラインが出ているという状況を踏まえると、金属コイルを避けるという行為は正しいリスク管理と言えるのではないでしょうか。