フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / コットン100%の軽量生地

cotton100% textile

コットン100%の側生地

羽毛布団の快適さは生地の性質で決まります。

どれだけ羽毛の質が良かろうと、その羽毛を包む生地がポリエステルのように通気性のないものでは台無しです。また綿100%の生地であっても、ゴワゴワと硬く、重いものでは羽毛の良さは活かせません。

例えば羽毛はマザーグースを使っているけど生地がポリエステルという布団と、羽毛はホワイトダックだけど生地は綿100%のバティスト生地という布団があったら、私は迷わず後者を選びます。

薄くて、軽くて、柔らかくて、通気性が良い。

羽毛の良さを活かすために、そんな生地を快眠屋ではオススメしています。

【バティスト生地 綿100% 94g/㎡】

快眠屋がリフォームでオススメしているイチオシの生地です。80番手の単糸を使ったバティスト織の生地で、サテン生地に比べて非常に薄く、そして軽いことが何よりの特徴です。

リフォームの場合、どれだけプレミアムダウンウォッシュで羽毛をキレイに洗浄したとしても、新品に比べると羽毛の多少のパワー低下は否めません。

そのため、このバティスト生地のように薄くて軽い生地ですと、羽毛の膨らみを邪魔せず、重い生地よりもふっくらと仕上がるため、羽毛のパワー不足を補ってくれるのです。

最初はハリハリと少し硬さを感じますが、1シーズンも使用して頂くと随分と生地がこなれ、柔らかい風合いになってくれます。

さらに平織りは生地の組成が安定しているため、生地の通気度が同じであれば、サテン織りに比べて羽毛が吹き出しにくいというメリットもあります。

【ソフトバティスト生地 綿100% 85g/㎡】

100番手の単糸を使ったバティスト織の生地です。先述のバティスト生地をさらに軽く、薄く、しなやかに仕上げた生地で、国産の生地としては最高峰に位置する生地です。

通気性が非常に高いため、羽毛の吸湿発散性を最大限に引き出すことができる生地ですが、その反面ダウンボールが小さく、ゴミの多い羽毛を詰め込んでしまうと、羽毛が吹き出す恐れがあります。

中に詰める羽毛を選ぶ生地ではありますが、上質でホコリの少ない羽毛でしたら、こちらの生地がオススメです。

【ツイル生地 綿100% 136g/㎡】

快眠屋がリフォームで使用する最もリーズナブルな生地です。40番手と50番手の単糸を使ったツイル織の生地で、バティスト生地やサテン生地に比べると重さや硬さを感じますが、昨今市場のほとんどを席巻しているポリエステル混の生地と比べると蒸れずに爽やかな使い心地が得られます。

お客様用のお布団だったり、重い布団が好きという場合に使用することが多いです。

【サテン生地 綿100% 136g/㎡】

60番手の単糸を使ったサテン織の生地です。今では中級クラス以上の羽毛布団でもポリエステル混の生地が使われていますが、一昔前の中高級羽毛布団というとこのサテン生地が一般的に使用されていました。

快眠屋の基準では、「最上級というわけではないが、最低グレードはクリアしたスタンダードな生地」と位置付けています。

【ソフトサテン生地 綿100% 114g/㎡】

スーピマ綿を使用した80番手単糸のサテン織の生地です。通常のサテン生地をさらにしなやかに、軽く仕上げた生地で、高級羽毛布団を名乗るなら最低でもこのクラスからというクオリティです。

来客用ではなく日常使いとしてリフォームをされるなら、先述したバティスト生地、もしくはこのソフトサテン生地クラスがオススメです。

【スーパーソフトサテン生地 綿100% 99g/㎡】

インドハイブリッド超長綿を極細の糸に紡いだ100番手単糸をサテン織にした生地です。リフォーム用のサテン生地の中では最高グレードの生地になります。

艶のある光沢としなやかさ、そしてバティストに近い軽さを持つこのスーパーソフトサテン生地は、とろけるような肌触りが最大の特徴です。

羽毛布団の使い心地を最も左右するのは生地ですから、もともとこのクラスの生地を使っていた羽毛布団の場合は、リフォームの際もこのクラスの生地を使うことをオススメします。

others

こちらも併せてお読み下さい

【リフォーム価格】

詳細はこちら

【羽毛診断】

詳細はこちら

【日本最高水準の羽毛洗浄】

詳細はこちら

【5種類の補充羽毛】

詳細はこちら

【豊富なキルトパターン】

詳細はこちら