フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search
〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3 フリーダイヤル:0120-12-3359
info@kaiminyaono.com
営業時間:AM10:00~PM7:00
定休日:水曜日

order made pillow

FIT LABO

オーダーメイド枕

レギュラーサイズ
■価格:¥21,600 (本体価格 ¥20,000)
■サイズ:約43×63cm
※10年間何度でも無料で高さを調整(中材増減)できます。

ワイドサイズ
■価格:¥28,080 (本体価格 ¥26,000)
■サイズ:約43×70cm
※10年間何度でも無料で高さを調整(中材増減)できます。

reason

なんのために?

枕を使う理由とは

私たちの頚椎は、ゆるやかなS字カーブを描いています。

このS字カーブがあることで、私たちの首は「重さが5〜6kgもある重い頭」を支えられるようになっているのです。

ですが、もしもこのS字カーブが崩れてしまったら?(ストレートネックなどがこの状態にあたります)

首コリ、肩コリ、頭痛、ヘルニアといったトラブルが発生するリスクが高まります。

枕の役割はこの頚椎のS字カーブが崩れないように正しく首を支え、就寝中にかかる首への負担を減らすことです。

もしもこの頚椎のS字カーブを正しく支えることができたなら、首コリや首の痛みといったトラブルからの解放も夢ではありません。

それだけ頚椎は私たち人間にとって重要なものなのです。

枕についてのご相談は私たちにおまかせください。きっとお力になれると思います。

individual difference

万人に合う枕は存在しない

通販サイトの枕の宣伝文句を見ていると、「ストレートネックを改善する」「肩コリに効果的」といったようなフレーズが並びます。

果たして本当でしょうか?

私たちの身体は一人ひとり違います。

頚椎のS字カーブの深さが違うのはもちろんのことながら、後頭部のふくらみや首の凹みも違います。

また、身長が違えば首の長さも違いますし、自宅で使用している敷布団やベッドマットレスの沈み込みも違います。

このようなことを考えれば、「万人に合う枕」など夢物語だということが分かっていただけるのではないでしょうか。

私たち快眠屋がオーダーメイド枕にこだわるのは、一人ひとり違う体型や寝具環境に対応するにはオーダーメイドしかあり得ないと痛感しているからです。

quality

オーダーメイドにも品質がある

オーダーメイド枕

今の時代どこでもオーダーメイド枕が作れるようになりました。オーダーメイド枕がビジネスチャンスになると考えた会社が沢山現れたからです。

しかしオーダーメイド枕にも品質があります。

日本製のパーツを使っているかどうかとか(中国製を採用しているところも多いです)、縫製技術がどうかとかそういうことではありません。いえ、もちろんそういう違いもあるのですが、知って頂きたいのはもっともっと根本的な違いです。

それは、一口にオーダーメイド枕といっても「作り手の技術・知識・経験によって仕上がりの高さが大きく変わるということです。

単に測定結果そのままに枕を作るのと、「この人はストレートネックだから…」「無呼吸症候群だから…」「低反発マットを使っていて寝返りがしにくいから…」というように、測定結果からは分からない部分にまで踏み込んで枕を作るのとでは大きな違いが出ます。

最近では、オーダーメイド枕なんて作っても意味がない!という批判をインターネット上ではチラホラお見かけしますが、確かに「オーダーメイド枕を売り上げ重視の道具としか見ておらず、品質が伴っていない」業者さんの場合はその通りではないでしょうか。

ですが、そんなオーダーメイド枕ばかりではないということもご理解いただけますと幸いです。

sleep troubles

このような症状でお悩みの方に

01.首がこる・痛い

原因
枕の高さがあっていない可能性大

解決
体型と敷寝具の沈み具合に応じて枕を合わせることで首の負担が軽減します。

02.肩がこる・痛い

原因
横向き寝の時に肩が潰れている可能性大

解決
肩幅に合わせて枕の高さを調整することで肩の負担が軽減します。

03.イビキをかく

原因
高すぎる枕を使用していて気道が圧迫されている可能性大

解決
仰向き寝の時の枕の高さを適切に調整すれば呼吸が楽になります。

order made flow 

オーダーメイド枕作製の流れ

01.はかる (体型データを数値化)

人によって服のサイズや靴のサイズが違うように、ぴったりな枕の高さもまた人によって違います。頚椎のカーブが深い人もいれば、浅い人も。また肩幅が広い人もいれば、狭い人も。

スーツをオーダーメイドで作る時に採寸をしないテーラーはいないはず。枕に関しても正確に身体のカタチを知ることが大切です。

快眠屋ではFITLABOの最新システムを使い、あなたの体型と体圧を完全に数値化します。

02.つくる (その場で作製)

枕内部は6つのブロックに独立しており、それぞれのブロックに適切な中材を詰めていくことで、仰向き寝と横向き寝の両方に対応したあなただけの枕を作ることができます。

枕に詰める中材は全部で5種類。ふんわりふわふわ柔らかい素材も、そば殻のようにカッチリした素材も、幅広い感触の中材をご用意しています。

首コリや頭痛でお悩みだったり、頚椎に何かトラブルがある場合は、柔らかめの中材がオススメです。

03.あわせる (プロがフィッティング)

基本となる枕が完成したら寝心地をチェック。首の角度は問題ないか、頚椎の支えがきちんとあるか、呼吸がしやすいか、、、もし問題があるようなら、長年の経験と知識に基づき、お客様のこれまでの姿勢や症状を考慮しながら高さの調整をします。

この時に注意しなければならないことは、なるべくご自宅の敷寝具に近い硬さのところで仕上げるということ。

important points

枕を作る上での注意点

1. ご自宅で使用することを想定して

「枕の最適な高さは体型によって違う」

これは当たり前のことですが、オーダーメイドで枕を作る上で大切なことがもう一つあります。

それはご自宅のベッドマットレス・敷き布団の硬さ=沈み込みを考慮して枕を作らなければならないということ。

というのも、全く同じ人でも硬い敷き寝具で枕を使用される場合と、柔らかい敷き寝具で使用される場合とでは身体の沈み込みが変わってまいりますので、それに伴って最適な枕の高さも変わってくるからです。

この違いを考慮せずに『はい、体型を測定して枕を作りましたよ〜』というのではオーダーメイド枕を作る意味がありません。

そのため快眠屋では、お客様が現在ご使用になっている敷き寝具環境についてもお伺いし、なるべくご自宅と近い硬さの敷き寝具の上で枕を仕上げさせていただきます。

2. あくまで枕は補助寝具

枕は、敷布団やマットレスの延長線上にくる補助寝具です。

補助寝具ですから、背骨の大部分を支えているはずの敷寝具がカラダに合っていなかったり、寿命を越えていたりというのでは、どれだけ枕をカラダに合わせても限界があります。

テレビなどでは、枕を変えれば全てが変わるかのように取り上げられていますが、実際に当店にいらっしゃるお客様の睡眠環境をお伺いしていると、肩こりや腰痛の原因が敷寝具にあるケースが非常に多いのです。

枕は頚椎のS字カーブを支える大切な道具ですが、枕を合わせるだけでは完璧とは言えません。

カラダへの負担を軽減するためには、枕と敷寝具の両方が大切です。

枕と敷寝具のどっちが合っていないのか分からない!という方は快眠屋にご相談ください。

マットレスフィッターがあなたの眠りを妨げている原因をお探しします。

interview

オーダーメイド枕と
マットレスを使って

実際に枕とマットレスを使った方の体験者インタビュー

当店に「首・肩こり」「手の痺れ」でご相談にお越しいただいたお客様と店長のインタビューを記事にしました。
是非こちらもご覧くださいませ。

インタビューページ
インタビュー

Q&A

オーダーメイド枕 Q&A

Q.オーダー枕はその日のうちに持ち帰れますか?

A.はい、持ち帰って頂けます。完成までの所要時間は約1時間です。

Q.オーダー枕を作ってもらったら必ず購入しなければならないのでしょうか?

A.いえ、そんなことはありません。本当に気に入って下さった場合に購入して頂ければ結構です。体験は無料です。お気軽にお越し下さい。

Q.有名スポーツ選手が使っているマットレスが気になるんだけど、実際のところどうなの?

A.上の質問でもお答えしたことですが、私たちの体型、体質は個人差が大きいので一概に評価を下すことは出来ません。ですが、ただ1つ確実に言えることは「私たち一般人の身体と、世界の第一線で戦うアスリートの身体を同じ目線で考えてはいけない」ということです。もしあなたが筋骨隆々で、体脂肪率も一桁というのでしたらアスリートの方たちが宣伝しているマットレスを使用しても問題はないかもしれません。ですが、きっとほとんどの方はそうではないはず。単にファンだから買いたいというのではなく、より良い眠りを求めて購入を検討されているのであれば、勢いや宣伝だけで購入するのではなく、実際に試し寝をし、本当に自分にとって最適な硬さなのかを判断してから購入されることをオススメします。

ちなみに快眠屋でも取り扱っているアスリート御用達のマニフレックスですが、メッシュウイングやモデル246はかなり硬めの寝心地なので、横向き寝が多い方や痩せ気味の方はご注意下さい。

Q.枕が破れてしまったら全て新しく買い替えなければいけないのでしょうか?

A.当店のオーダー枕は、側生地(10,500円)・ベース層(7,350円)・中材(3,150円)の 3つのパーツに分かれていますので、どれか1つが破れてしまった場合は その部分だけを買い替えていただければ大丈夫です。

Q.この枕は洗えますか?

A.はい、洗えます。 ただしウレタン素材のベース層だけは洗えませんので、ベース層を抜き取って頂き、 ネットに入れて洗って下さい。中材は入ったままで大丈夫です。