Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / 商品一覧  / こだわりの羽毛布団 / 快眠屋おのオリジナル羽毛布団【Aクラス|中国】

A class | china

快眠屋オリジナル羽毛布団

Aクラス|中国

ソフトバティスト羽毛布団

国産では最軽量のソフトバティスト生地を使用した羽毛布団です。スーパーソフトバティストに比べてやや通気性を控え目にしていますので、吹き出しのリスクを抑えたい方にはこのソフトバティスト生地がオススメです。

国内で一般に流通する羽毛の中で比較すると、トップクラスのクオリティを誇る中国産ホワイトグースダウンを使用しています。

ポーランド産に比べるとブランド力に劣るため、価格的にはリーズナブルになっています。

国産では最高の羽毛ふとん専用生地

日本製|ソフトバティスト

素材:綿100%
織り:平織り
重さ:85g/㎡

羽毛布団用ソフトバティスト生地

生地の質で快適さは大きく変わる

この業界ではどこを見ても「羽毛こそが全てだ」と言わんばかりの解説がなされていますが、快眠屋の羽毛布団の紹介は、まず羽毛を包んでいる生地からスタートします。(もちろん後ほど羽毛の紹介もいたします)

長年の研究の結果、羽毛布団の快適さを左右するのは「羽毛よりも生地」だということを知っているからです。

どれだけ最高級の羽毛を使っていても(それこそアイダーダウンでも)、その羽毛を包んでいる生地がビニールのような呼吸をしないものだったり、重くてゴワゴワした分厚いものなら、羽毛の良さは台無しです。

羽毛自体は吸湿発散性に優れた蒸れない素材ですが、ビニールのように通気性のない生地で覆った瞬間、その性能は発揮されなくなるからです。

実際に巷では、「えっ、こんなに良い羽毛にそんな低いレベルの生地を組み合わせるの?」と思わず驚いてしまう羽毛布団が少なくありません。

例えば綿100%の60サテン生地にポーランド産のマザーグースを組み合わせるといったケース。正直に言って、これなら100サテン生地にそこそこのクラスのレギュラーグースを組み合わせた方が安い上に、快適に眠れます。

このアンバランスな組み合わせには、快適な羽毛布団を作るという想いはなく、「生地のことなど消費者は分からないだろうから、羽毛さえそこそこのものを使っておけば売りやすいだろう」という売り手側の意識が透けて見えてしまうのです。

呼吸する生地

羽毛布団の唯一とも言える欠点は、生地の通気性が低いことで蒸れやすいという点ですが、このソフトバティスト(以下SB)生地はその通気度を国内基準ギリギリまで上げることでその問題を解消しています。

SB生地の通気度は、他の綿100%生地の約2倍、ポリエステル混生地の約3〜4です。

羽毛は湿気を吸ったり、吐いたり、呼吸する素材です。それが羽毛の良さです。

となればその羽毛を包む生地も呼吸をする生地でなければ道理が通りません。

SSB生地は羽毛のチカラを最大限に発揮するために作られた特別な「呼吸をする生地」です。

日本で一番軽い生地

SB生地の重量は、平米(㎡)あたりわずか85g」です。国産の綿100%でこの軽さは驚異的。

生地が軽いと中の羽毛が膨らみやすくなるので、少量でもボリュームがあって暖かい布団に仕上がります。

また生地が軽いということは生地が薄いということでもあるので、羽毛に直に体温が伝わりやすく、すぐに温まる布団になります。

それに何より実際に使ってみると分かることですが、布団が軽いとストレスが本当に少ないのです。寝返りをうつのも楽々。足を動かす時も楽々。

SB生地のこの軽さを知ってしまうと、もう元には戻れません。

羽毛について

中国|ホワイトグース93%

ダウンパワー:420以上
フィルパワー:810以上
ヘルシーダウン認定

一般に市場では「中国産=低品質な羽毛」という認識がありますが、全てが低品質と言うわけではなく、ポーランドやハンガリーといった有名どころの上をいく羽毛も少量ながらあります。

羽毛は天然の産物ですから、農作物と同じように、同じ国であっても農場のクオリティや、年度によって採れる羽毛の良し悪しは変わるわけです。

中国産=低品質と十把一絡げに切り捨てるのは誰にだってできること。

プロの仕事は、その玉石混交の羽毛の中から本物だけを見抜く「目利き力」にあると私たちは考えています。

このホワイトグースダウンは中国産と言えど、厳しい大地で飼育され、丁寧に精毛されたもの。下手な欧州産の羽毛よりもよほど品質は上です。

A class | poland PRICE

Aクラス|中国

価格例

こちらは一例です。
快眠屋の羽毛布団はお客様のご要望に応じて
1枚1枚ハンドメイドでお仕立てしますので、
サイズや暖かさも自由に調整が可能です。
見積もり依頼はメール、TEL、LINEで
どうぞお願いいたします。

Aクラス|中国
保温力●○○○○(夏用)
シングル 56,500円+税
300g入り

Aクラス|中国
保温力●●○○○(薄手の春秋用)
シングル 70,250円+税
550g入り

Aクラス|中国
保温力●●●○○(春秋用)
シングル 86,750円+税
850g入り

Aクラス|中国
保温力●●●●○(冬用)
シングル 97,750円+税
1050g入り

Aクラス|中国
保温力●●●●●(真冬用)
シングル 116,000円+税
1200g入り

select

実際の選び方

場合によっては通常より1段階薄いものを

基本的には春秋なら保温力●●●○○、冬なら保温力●●●●○をお選び頂ければ結構ですが、都市部のマンションや最近の戸建て住宅のように、断熱性と気密性に優れたお住まいの場合は、春秋なら保温力●●○○○、冬なら保温力●●●○○というように、1段階薄いものをお選び頂くことをオススメします。

またそういったお住まいではなくても、代謝の高いお子さんや男性といった暑がりの方も1段階低いものをお選びください。

真冬用の保温力●●●●●はよほどのことがない限りはオススメいたしません。実際に使ってみると、快適なのは一年のうちで最も冷え込む厳冬期だけで、他の時期は暑くて使えないということにもなりかねません。

また●●○○○●●●○○のちょうど中間の厚みで仕上げるといったようなことももちろん可能です。

購入を検討されている方はぜひ電話、メール、LINEでカウンセリングをお受け下さい。

2枚合わせが便利

理想は夏用に1枚、春秋用に1枚、冬用に1枚と全部で3枚の布団をご用意して頂くことですが、金銭面でも収納スペース面でもなかなか難しいものがあります。

そこで夏用と春秋用を1枚ずつ購入し、冬はそれらを2枚重ねて使用することをオススメします。

具体的には暑がりの方なら「●○○○○●●○○○」、寒がりの方なら「●○○○○●●●○○」の組み合わせがオススメです。

2枚合わせには、重ねて使うと生地が増える分布団全体が重くなるという欠点がございますが、快眠屋の超軽量の生地であればそのような心配もございません。

関連商品