LINEで気軽にお問い合わせLINEで気軽にお問い合わせ オンラインショップオンラインショップ

Press enter to begin your search

〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3 フリーダイヤル:0120-12-3359

info@kaiminyaono.com

営業時間:AM10:00~PM6:30

定休日:水曜日

快眠屋おの<公式サイト> / 商品一覧  / 熟睡するための羽毛布団 / 快眠屋おのオリジナル羽毛布団[ベストオブポーランド手選別ステッキーマザーグース98% × ドイツ製プレミアムバティスト]

快眠屋史上、最上の羽毛布団

長野県H様プレミアムバティスト|ポーランドステッキー

material

movie

price

価格例 (税抜)

(※当店ではオーダーメイドで羽毛布団をお仕立てしております。以下の羽毛量とサイズはあくまで標準的なものですので、ご希望に応じて自由にサイズと羽毛量を調整できます。)

①保温レベル:●○○○○○ (真夏用|目安の室温25℃以上)

SL (150×210) 200g 92,000
SDL (175×210) 240g 112,900
DL (190×210) 260g 124,600
QL (210×210) 280g 143,800

②保温レベル:●●○○○○ (夏用|目安の室温22〜25℃前後)

SL (150×210) 300g 113,000
SDL (175×210) 350g 136,000
DL (190×210) 380g 149,800
QL (210×210) 420g 173,200

③保温レベル:●●●○○○ (春秋用|目安の室温20℃前後)

SL (150×210) 450g 144,500
SDL (175×210) 550g 178,000
DL (190×210) 600g 196,000
QL (210×210) 650g 221,500

④保温レベル:●●●●○○ (春秋〜冬用|目安の室温15〜20℃前後)

SL (150×210) 750g 207,500
SDL (175×210) 900g 251,500
DL (190×210) 950g 269,500
QL (210×210) 1050g 305,500

⑤保温レベル:●●●●●○ (冬用|目安の室温10〜15℃前後)

SL (150×210) 950g 249,500
SDL (175×210) 1100g 293,500
DL (190×210) 1200g 322,000
QL (210×210) 1350g 368,500

⑥保温レベル:●●●●●● (真冬用|目安の室温10℃以下)

SL (150×210) 1050g 280,500
SDL (175×210) 1250g 337,500
DL (190×210) 1350g 367,500
QL (210×210) 1450g 406,500

textile

理想の羽毛ふとん専用生地

ドイツ|SANDERS
プレミアムバティスト

素材 綿100%
織り 平織
通気度 6.6cc/㎠.sec
重さ 75g/㎡
糸番手 110番手(コーマ糸)
打込本数 348本

生地の質で快適さは大きく変わる

2020年ハイムテキスタイル会場で見つけた、ドイツSANDERS社の平織生地がこのプレミアムバティストです。

本来SANDERS社のフラッグシップ生地は世界最軽量となるスーパーソフトバティストですが、生地の光沢・滑らかさはこのプレミアムバティストの方が明らかに格上です。

また生地重量こそ75g/㎡とわずかに劣るものの、肝心の通気度は6.6cc以上とスーパーソフトバティストと遜色ありません。

軽さを第一に考える場合は別ですが、生地にとっての必要な要素を総合的に判断すれば、プレミアムバティストがベストでしょう。

快眠屋が100%自信をもってオススメする理想の生地です。

プレミアムバティストバナー

down

理想のステッキーダウン

ベストオブポーランド
手選別ステッキーマザーグース98%

ダウンパワー 440以上
フィルパワー 900以上
ヘルシーダウン 認定済み

ポーランド全土から集めた最高級のホワイトコウダマザーグースの中から、さらに手作業で大粒のものだけを選り分けたスペシャルな羽毛です。当店ではアイダーダックダウンを除いては最上位グレードに位置します。

しかし検査上のダウンパワーは440とそれほど高くありません。

現代ではダウンパワーで羽毛の良し悪しが判断される傾向にありますから、ダウンパワーを重視して羽毛布団を選ぼうと考えている方にとっては、「値段の割に品質が低い羽毛だ」という認識になるかもしれません。

恥ずかしながら、メーカーから布団を仕入れ、中身を見ることなく布団を販売していた頃の私たちもそのように考えておりました。

しかし、実際に農場を訪れ、羽毛を手に取って自らの手で布団を作るようになった今だからこそ分かることがあります。

それは羽毛が天然の農産物である以上、その良し悪しはダウンパワーだけでは決まらないということ。特に超ハイクオリティなステッキーダウンほどその傾向にあります。

詳しくは羽毛解説ページをご覧ください。

ベストオブポーランド手選別ステッキーマザーグースダウン

select

布団の選び方

場合によっては通常より1段階薄いものを

基本的には春秋様なら保温力●●●○○○を、冬なら保温力●●●●●○をお選び頂ければ問題ありません。ですが都市部のマンションや最近の戸建て住宅のように、断熱性と気密性に優れたお住まいの場合は、春秋なら保温力●●○○○○、冬なら保温力●●●●○○というように、1段階薄いものをお選び頂くことをオススメします。

またそういったお住まいではなくても、代謝の高いお子さんや暑がりで汗っかきな方は1段階低いものをお選びください。

真冬用の保温力●●●●●●はよほどのことがない限りはオススメいたしません。実際に使ってみると、快適なのは一年のうちで最も冷え込む厳冬期だけで、他の時期は暑くて使えないということにもなりかねません。

また●●●○○○●●●●○○のちょうど中間の厚みで仕上げるといったようなことももちろん可能です。

購入を検討されている方はぜひ電話、メール、LINEでカウンセリングをお受け下さい。

2枚合わせが便利

理想は夏用に1枚、春秋用に1枚、冬用に1枚と全部で3枚の布団をご用意して頂くことですが、金銭面でも収納スペース面でもなかなか難しいものがあります。

そこで夏用と春秋用を1枚ずつ購入し、冬はそれらを2枚重ねて使用することをオススメします。

具体的には暑がりの方なら「●○○○○○●●●○○○」、寒がりの方なら「●●○○○○●●●●○○」の組み合わせがオススメです。

2枚合わせには、重ねて使うと生地が増える分布団全体が重くなるという欠点がございますが、プレミアムバティストのような超軽量の生地であればそのような心配もございません。

関連商品

アイスランド産アイダーダック98%
ポーランド産プレミアムマザーグース
中国手選別ステッキーマザーグース95%
中国マザーグース93%