Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / オーバーレイマットレスはこういうケースでこそ有効です
ソフトフィットオーバーレイ

オーバーレイマットレスはこういうケースでこそ有効です

 
調子に乗って昨日から写真を撮りまくっております!
へっぽこカメラマンのはずなのに、一見まともに見えてしまう写真が撮れるので大変楽しいのです。ハマる予感。。。
 
 

メルくんの横顔
 
 

無意味な写真
 
 
ちなみに僕が買いましたカメラはCanonのEos Kiss X7というモデルでして、ネットではとにもかくにも初心者はこれで十分という記事で溢れかえっており、おいおいステマかよという疑念は完全には拭えなかったものの、その脅威の安さと(レンズ付き4万円ほど)、怒涛のように押し寄せてくるWEB世界の情報粒子に抗うことはやはりかなわず、無事購入と相成りました。
 
いや、ほんとデジタル一眼は最低でも10万円〜の世界だと思っておりましたので、得をしているわけではないんですけどなんだか得をした気分です。
 
 
さてさて、本日のオーダーメイド枕のお客様。
50代の女性です。
お友達が当店で枕を作られたようで、当店をご紹介頂いたようです。
ありがとうございます!
 

 
 
こちらのお客様は月の友さんの訪問販売員さんに「腰痛にいいよ!」と言われ、薄手の軽い敷布団(後ほどウレタン素材と判明)を購入してお使いになっていたようです。
 
ですが寝ていると背中の痛みや腕がしびれがあり、ぐっすり眠れないので枕を何個も買い変えてきたそうな。
 
 

 
腰のカーブが深い体型ですので、仰向き寝で寝ると腰の裏に隙間が空いて、出っ張った背中が圧迫を受けているということがデータから分かります。
 
お尻の部分の圧迫はそれほど問題にならないことが多いのですが(おそらく上半身と下半身の筋肉量の違い)、背中の圧迫はダイレクトに背中の痛みや、肩こりとして出てきます。
 
そこでオーダーメイド枕をお試し頂くと、枕もさることながら、寝ていただいた敷き布団が気持ちいい、自宅のものとは違うということで、枕作りを一時中断し、ご自宅の敷布団を当店まで持ってきてくださるということになりました。
 

大歓迎です。

 
敷布団を持ち込んでくださると、実際に使っておられる敷布団の状態を正しく把握できますので、我々としても非常に助かります。枕のフィッティングもより正確にできますしね!
 
そして実際に持ってこられた敷布団を拝見させてもらったところ、予想通りこの敷布団では体圧分散性に乏しい=硬すぎるということが分かりました……。
この敷布団ですと、お客様の腰のカーブをしっかりと支えることが難しい上に、背中の圧迫も避けられません。
 
 
 

 
 
そこで、この敷布団にオーバーレイマットレスを重ねて体圧分散性の向上を図ることをオススメさせて頂きました。
 
敷布団の厚みが薄すぎる、あるいは敷布団がヘタって弾力がなくなっているという時には、オーバーレイマットレスを重ねて使うことで、寝心地をソフトにする≒体圧分散性を向上させる方法が有効です。
 
反対に、敷布団の厚みが十分にあってそれが柔らかすぎるというケースや、敷布団の厚みは十分あるけれどもお尻の部分が大きくヘタっているというケースにはオーバーレイは有効ではありません。
 
※低反発ウレタンのオーバーレイでは、今ある敷布団をソフトにすることはできても、寝返りをしやすくするどころかかえって阻害してしまうため、快眠屋では否定的な立場を取っています。
 
 
快眠屋のオススメは断然これ。
 
 


 
 
見た目はお世辞にもゴージャスとは言えませんが、コストパフォーマンスが半端ではありません。
 
素材は超高密度75kg/㎥のウレタンフォームです。西川のような有名メーカーの高反発系のウレタン敷布団であっても、ウレタンフォームの密度は30〜40kg/㎥くらいです。シェララフィアのブルテックスフォームでも確か58kg/㎥くらいだったと記憶しているので(低価格帯は30〜40kg/㎥)、75kg/㎥というのはウレタンフォームとしては大変な数字です。
 
驚きはそのソフトさにあります。基本的に密度が高くなるほどウレタンは硬くなっていく傾向にありますが、このオーバーレイは超ソフト。ラテックスフォームよりもソフトです。それもスポンジのようなスカスカのソフトさではなく、モッチモチのソフトさ。
 
圧倒的な耐久性、圧倒的な体圧分散性、圧倒的な寝返りのスムーズさ。
 
そっと身体を委ねてみると、まるで焼きたてのフワッフワのパンケーキを思わせるソフトさが身体を包み、それでいて身体が過度に沈み込むわけではないモッチモチの弾力を感じることができます…(恍惚)
 
オーバーレイはかくあるべきという
、お手本のような存在です。
 
もちろんさらに金額を上げればこのオーバーレイ以上のものもありますが、30,000円+税という価格帯を思えば比肩するものなし。なんなら倍以上の金額にも関わらず性能はこれ以下という残念な有名商品すらあります。
 
 
 
ウールベッドパッドと組み合わせて頂くと更に良し。
 


 
今回のお客様も、このオーバーレイとウールベッドパッドをご一緒にお買い上げ下さいました。モチモチの弾力とウールの吸湿発散性、そしてオーダーメイド枕でぐっすりお休みください爆  笑
 
 
 




 
 
オーダーメイド枕・布団・ベッド・寝具専門店【快眠屋おの】
〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3
TEL: 0120-12-3359
E-mail : info@kaiminyaono.com

水曜定休 駐車場8台
 
HP: https://kaiminyaono.com