Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 快眠屋のラテックスマットレス【東海地区最大級の品揃え】

快眠屋のラテックスマットレス【東海地区最大級の品揃え】

ラテックスマットレスとは


ラテックスマットレスの原料はゴムの木の樹液です。
ミルクのように真っ白なこのゴムの樹液を何層ものフィルターでキレイにろ過し、不純物を除去。それを丁寧にミキシングした後に、鋳型に流しこんでスチームで蒸し上げます。
その結果出来上がったものがラテックスマットレスの芯材となる「ラテックスフォーム」。まるで蒸しパンを作るかのような工程です。
 

(高品質な)ラテックスマットレスのメリット

①柔らかいのに圧倒的な反発力

密度によって多少の違いはありますが、ラテックスフォームは高反発ウレタン並みの寝返りのしやすさと、低反発ウレタン並みの体圧分散性を持っています。これは非常にレアな性質であり、この性質がラテックスフォームの優位性を確固たるものにしています。

②優れた耐久性

8万回の圧縮テストでも厚みの変化は1%未満。通常のウレタンだと4〜10%ほど厚みが薄くなりますから、非常に耐久性に優れていると言えます。

③清潔さ

純度の高い天然ラテックスフォームには強い抗菌活性と抗カビ活性があり、嫌なニオイやカビの発生を防ぎます。

④廃棄コストの低さ

ラテックスマットレスは金属スプリングのマットレスとは違い、燃えるゴミとして簡単に処分することができます。その際、有害物質は発生しません。また土中に埋めて頂くと2年程度で土に還ります。
 

ラテックスマットレスのデメリット

①薄いものでも重い

ラテックスマットレスは密度の低いものでも60〜65kg/㎥、高いものだと80kg/㎥にもなります。そのため非常に高い耐久性を持っている反面、かなり重いという欠点があります。ベッドスタイルで使用される分には問題ありませんが、毎日収納したいという方にはオススメできません。

②蒸れやすい

芯材のラテックスフォームはその製造過程で無数の穴が空きます。この穴がある分、ある程度は空気の循環が起こりますが、ただそれだけで湿度の問題を解消できるかというと難しいものがあります。この点に関しては低反発ウレタンや高反発ウレタンと同様、蒸れ感を解消するウールベッドパッドと併用して頂くことを推奨しております。
 

快眠屋としての見解

ラテックスマットレスには上記のデメリットがあるとはいえ、そのデメリットを補って余りあるだけのメリットがあります。
ただし一口にラテックスマットレスと言っても、その品質にはかなりバラツキがあります。全てのラテックスマットレスが無条件で先程のメリットを兼ね備えているわけではありません。原料の質や製造工程に問題があれば、当然その性能は低下します。
またしばしばラテックスマットレスは「重さの違うおもりを乗せても、どちらも均等に沈むという性質を持っている」という性質から、身体に凹凸がある人間が寝ても姿勢がキレイになると言われます。お恥ずかしい話ですが、初期の頃は私たちもそのように表現していました。
ですがこのことに対して今の私たちは懐疑的な立場を取っています。
確かに単なる高反発ウレタンのマットレスに比べると寝姿勢は良好になる傾向にありますし、私たちはラテックスマットレスに絶大な信頼を寄せています。しかしそれはあくまで素材の反発性や体圧分散性、耐久性という部分を評価しているからであって、どんな人でも姿勢がキレイになるという幻想を鵜呑みにしているからではありません。
もしもそれが本当なら、マットレスの硬さを部分ごとに変える(5ゾーンや7ゾーン)必要もなく、ウッドスプリングと組み合わせて寝姿勢を調整する必要もないはずです。
さらに言えば、使用しているラテックスフォームの厚みや密度によっても、実際に横たわった時の寝姿勢は大きく変わりますし、この寝姿勢はラテックスフォームを覆っている側生地の伸縮性にも左右されます。
例えば側生地を外した状態でマットレスの芯材に直接寝ている様子を見せ、「寝姿勢が整っている」かのように演出している宣伝をしばしば見かけます。しかし側生地がある状態と無い状態では沈み込みに大きな差が出ます。それだけ生地の張力は寝心地に影響を与えるのです。
快眠屋はラテックスマットレスのスペシャリストです。真実の部分と幻想の部分をきちんと把握し、お客様にお伝えします。
 

快眠屋のラテックスマットレス

BodyDoctor(ボディドクター)

ボディドクターラテックスマットレス
1.アドバンスH135 95,040円
2.レギュラーH110 73,440円
3.フートン5H85 51,840円
4.ドクターパッドH25 30,024円
 

billerbeck(ビラベック)


5.ミルフィH100レギュラー 91,800円
6.ミルフィH100ソフト 91,800円 
7.ミルフィH75 82,080円
 

RELAX(リラックス)

シルバーネスラテックスマットレス
8.シルバーネスH140ハード 140,400円
9.シルバーネスH140ミディアム 129,600円
10.シルバーネスH90ハード 113,400円
11.シルバーネスH90ミディアム 113,400円
 

sembella(センベラ)


12.ココスターH180 118,000円
※すべてシングルサイズの価格(税込)を掲載しています(他サイズあり)