Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 日本最軽量の綿100%生地を使って羽毛布団をお仕立てしました。

日本最軽量の綿100%生地を使って羽毛布団をお仕立てしました。


 
 
先日羽毛布団のお手入れ診断にいらした松阪市のT様。
 
お手入れ診断の詳細についてはこちらの記事をご参照ください。
 
これまでお使いの夏用の掛け布団と、春秋用の掛け布団を持って来て下さったのですが、そのお布団が羽毛布団ではなく羽根布団だったということと、布団自体も既に寿命を迎えていたということで、これを機に新たに羽毛布団をお買い上げいただくことになりました。
 
羽毛布団と羽根布団はしばしば混同されがちですが、ダウン率50%以上のものを羽毛布団といい、羽根布団とはダウン率50%未満、つまり残りの50%以上をフェザー(羽根)が占めているものを指します。
 
 
T様には羽毛の品質の差や、側生地の軽さ、側生地の通気性の高低といった少しマニアックな話をさせて頂きました。人によってはそんな面倒臭い話聞きたくない!と思われてしまうかもしれませんが、羽毛布団の本質を理解していただくにはこのあたりの話が欠かせません。
 
 
 
【快眠屋オリジナル 夏用の羽毛肌掛け布団】
 


 
羽毛:吉林産ホワイトグース95% ダウンパワー440以上 300g入り
 
側生地:バティスト100 綿100% 85g/m2
 
キルティング:6×7マスキルト
 
 
 
【快眠屋オリジナル 春秋用の羽毛合掛け布団】
 


 
羽毛:吉林産ホワイトグース95% ダウンパワー440以上 700g入り
 
側生地:バティスト100 綿100% 85g/m2
 
キルティング:5×6マス立体キルト
 
 
 
羽毛にはコストパフォーマンスの高い吉林産のホワイトグースダウンを使いました。一般的に中国の羽毛というと、十把一絡げに低品質なものとされがちですが、羽毛の品質を決めるのは産地ではなくダウンボールの大きさと弾力です。中国産の羽毛だろうがポーランド産の羽毛だろうが、ダウンボールの品質が高ければ産地はまったく関係ないのです。今回使った中国吉林産のホワイトグースダウンは、そんじょそこらのポーランドやハンガリーなど軽く蹴ちらすほどのクオリティ。
 
 

 
 
そしてこのホワイトグースダウンの性能を最大限に引き出すのが、綿100%では国内最軽量を誇るバティスト100という超軽量生地です。軽く、薄い生地で羽毛を包み込むことで羽毛の膨らみを妨げず、少量でも抜群のボリュームを実現します。
 
またこのバティスト100は通気性も非常に高く、羽毛の持つ吸湿性を活かすことができるので、寝床内部の湿度を快適にキープできるという優れもの。
 
 


 
 
冬場は上の写真のように、肌掛け布団と合掛け布団を二枚重ねて使用していただきますが、側生地が非常に軽いので二枚を重ねても重さはほとんど気になりません。
 
よくある綿100%の60サテン生地の場合、二枚も重ねてしまうと側生地が重すぎて正直げんなりします。。。
 
T様、いつもありがとうございますウシシ
新しいピカピカの羽毛布団でぐっすりおやすみくださいね。
 
 
 
 

 
 



 
 
オーダーメイド枕・布団・ベッド・寝具専門店【快眠屋おの】
〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3
TEL: 0120-12-3359
E-mail : info@kaiminyaono.com

水曜定休 駐車場8台
 
HP: https://kaiminyaono.com