Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 納品事例|使う人の体質・環境に合わせて羽毛布団をお仕立て
K様スーパーソフトバティスト羽毛布団

納品事例|使う人の体質・環境に合わせて羽毛布団をお仕立て

最近の羽毛布団事例を一部ご紹介。

① M様 (50代男性)

ソフトバティスト羽毛布団

サイズ:シングル
羽毛:中国産ホワイトマザーグース95%  800g

側生地:ソフトバティスト
キルト:5×6マス立体

当店でオーダーメイド枕ナチュールフレックスというマットレスシステムを購入されているM様。

「枕もマットレスも絶好調!今日はこれからの時期に使う羽毛布団を見に来たんやけど、どんなんが良い?」

これまでは寝具は安いものを使い捨てるのが当たり前だと思われていたそうですが、枕やマットレスの買い替えを機に「やっぱり寝具は自分に合ったものを使わないと」と痛感されたそうで、この夏も近江縮みのクールケットクールパッドをお買い上げ頂いています(本当にありがとうございます)。そのように仰って頂けると本当に励みになります。

さて羽毛布団は軽くて暖かいことが最大のメリットですが、その反面蒸れやすいというデメリットもあります。快眠屋ではそのデメリットを少しでも解消するために、できるだけ通気性に優れた生地を使うことをオススメしています。

羽毛布団用ソフトバティスト生地

今回M様のご予算や体質に合わせてオススメさせて頂いたのは、通気性に優れたソフトバティスト生地を使った羽毛布団。

「羽毛の産地にはこだわらない、質さえ良ければそれで良い」ということでしたので、このソフトバティスト生地に中国産マザーグース95%を組み合わせました。この中国産の羽毛はイメージこそ欧州産には劣るものの、羽毛そのものの質としては非常にレベルが高く、DP420〜430程度の欧州産のマザーグース、レギュラーグースを凌駕します。

羽毛の充填量は800gで仕上げました。この生地の軽さとこの羽毛のパワーなら、800gで保温力●●●○○の厚みとなります。暑がりの人や、お住まいが暖かい人は、このくらいの厚みの方が年間を通じて長く使えて便利です。

 

② K様 (50代女性)

K様スーパーソフトバティスト羽毛布団 K様スーパーソフトバティスト羽毛布団 K様スーパーソフトバティスト羽毛布団

サイズ:セミダブル
羽毛:ポーランド産手選別ステッキーマザーグース98%  1100g

側生地:スーパーソフトバティスト
キルト:変形5×6マス立体

当店でオーダーメイド枕とベッドパッド、息子さん用のベッド(ナチュールフレックス)をご購入されているK様。これらの他にも色んなものを沢山お使いいただいております。

「そろそろ寒くなってきたので自分用の羽毛布団を考えようと思いまして」

K様のご希望はできるだけ軽くて暖かい羽毛布団です。

羽毛布団の軽さは羽毛の充填量によっても左右されますが、その羽毛を包んでいる生地の重さにも大きく影響を受けます。

生地が重いと総重量も重くなるのですが、さらに生地が羽毛の膨らみをつぶしてしまうので、その分多めに羽毛を入れないとボリュームが出ないのです。つまりダブルで重くなるということですね。

そこで綿100%の生地では世界最軽量のスーパーソフトバティスト(SSB)生地を使った布団をご紹介させて頂いたところ、大変お気に召して頂けました。このSSB生地の重さはたったの68g/㎡です。寝具業界で一般的な60サテン生地で約140g/㎡ですし、軽いことで有名なゴアテックスの生地でも85g/㎡ですから、SSB生地はまさに圧倒的です。

また通気性が通常の約3~5倍ありますので、非常に爽やかな寝心地が手に入ることもSSB生地の特徴です。

そして羽毛は、アイダーダックダウンを除いては最高の品質を誇る「2018ver.ポーランド産手選別ステッキーマザーグースダウン98%」を使用しました。羽毛同士が絡み合って温まった空気を逃さない上に、非常にダウンボールも大きく、少量でも十分な保温力が手に入ります。

羽毛の充填量はセミダブルサイズ(175×210cm)ですので、1100gで仕上げました。保温力●●●●○の厚みですね。二層タイプのキルトでお仕立てするとさらに保温力が増しますが、重たくなってしまうのと、使える期間が短くなってしまうので、通常の立体キルトでお仕立てすることになりました。

やはりバランスを上手くとっていくことが重要ですね。

 

③ U様 (女性)

U様ソフトバティスト羽毛布団 U様ソフトバティスト羽毛布団 U様ソフトバティスト羽毛布団

サイズ:シングル
羽毛:中国産ホワイトマザーグース95%  650g

側生地:ソフトバティスト
キルト:5×6マス立体

当店のご利用は初めてというU様。ご主人と一緒にご来店されました。奥様が当店のウェブサイトをご覧になられたそうです。年齢はお聞きしていないのですが、お二人ともかなりお若いご夫婦です。

奥様用に、1年を通じて長く使える羽毛布団をお探しということで、ご予算は10万円。どちらかというと暑がりさんです。冬は毛布や薄い布団を1枚プラスして使うことを想定されていらっしゃいます。

快眠屋では、まず最初にどういった厚みに仕上げていくかということ(保温力)を決めて、その後に快適性や耐久性を左右する生地と羽毛を決定していきます。

同じ厚みで仕上げても、通気性のいい生地の方が快適に眠れますし、羽毛のダウンボールが大きいものの方がより軽く暖かく、そして長く使えます。

今回は軽くて通気性の高いソフトバティスト生地と、中国産のマザーグースのコンビネーションをご提案させて頂きました。羽毛の量は650gで、保温力●●○○○〜●●●○○という中間の厚みに仕上げました。

これで快適に眠ってもらえること間違いなしです。

U様、次はご主人の枕のご相談お待ちしております( ◠‿◠ )

 

↓↓↓↓羽毛布団の詳細についてはこちら

こだわりの羽毛布団