Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 羽毛布団リフォーム事例2

羽毛布団リフォーム事例2

羽毛布団のリフォームをご希望ということで、先日とあるお客様から2枚の羽毛布団をお預かりしました。
 
 
①西川産業 シングル 冬用羽毛掛け布団
 
②他店で一度リフォーム済み シングル 夏用羽毛掛け布団 
 
 
どちらも品質表示のタグ情報が消えてしまっていたので、詳しいスペックはこの時点では分かりませんでした。ですがこんなことはよくあることなので、それは問題ではありません。問題は羽毛の充填量にありました。
 
 
まず①の西川産業さんの羽毛布団について。
 
一般に販売されているシングルサイズの冬用羽毛布団は、中の羽毛の量は1.1~1.3kgというのが一般的で、どれだけ羽毛が多めに入っていてもせいぜい1.5kgくらいです。
 
ですからこの羽毛布団に関しても、店頭に布団を持ち込んでいただいた時点では、品質表示が確認できないので確実なことは言えないものの、まあ1.3kgくらいだろうと予想をしていました。
 
ところが、布団を解体して中の羽毛の量を測ってみると1.94kg。
 
 
 
1.94kg。
 
 
 
ええええええ…
てことはほぼ2.0kgってことですやん。
ダブルやクイーンサイズならいざしらず、これはシングルサイズですよ。
こんなん無駄に詰め込みすぎで意味ないし、そもそも軽くて暖かいのがウリの羽毛布団やのに、これじゃめちゃめちゃ重たい布団になってしまって有り難みがないですやんか。
 
単純に羽毛の充填ミスなのか、あえて2.0kg入りを作っていたのか。
それとも当時は2.0kg入りが主流だったのか(いや、そんなことはないはず)
はたまた西川産業さんの生地だけが何らかのルートで流出して、製造者はまったく違う会社なのか。
 
今となっては真実は分かりませんが………、解せぬ!
 
 
 
次は②の既に1度他店様でリフォーム済みの羽毛布団です。
 
もともとはダブルサイズの夏用の羽毛布団だったのを、シングルサイズの夏用にリフォームされたそうです。
 
こちらも①と同じように品質表示が解読不明状態だったため、「まあ夏用のシングルサイズだし、既にリフォーム済みということだし、羽毛の量は0.4~0.6kgくらいかな。妙にずっしり重たいのは生地が重いせいだろう。」と予想を立てておりました。
 
ところがどっこい、解体して取り出した羽毛の量を計測すると0.96kg。
 
 
 
0.96kg。
 
 
ええええええええええ……
0.96kgも入ってたらそれはもはや夏用の布団ではなくてほぼ冬用に近い量ですやん。
そりゃ結構冬場でも暖かく使えるっておっしゃってたお客さんの言葉もわかるわ!
いやむしろこんなん夏場暑すぎて使いにくいのでは…
 
こちらに関しては本当に謎。どういう意図があったんでしょう。
 
今となっては真実はわかりませんが………、解せぬ!!
 
 
 
とまあこのようなイレギュラーが起こったため、当初の予想でいくとプレミアムダウンウォッシュ後は1.3~1.5kgくらいになるはずだった羽毛がかなり多く残ることに。
 
冬用の羽毛1.94kg + 夏用の羽毛0.96kg = 合計2.9kg
 
2.9kgを洗浄 → 洗浄後 2.27kg(ほぼ2.3kg)
 
 
つまり最初の予想より1.0kg近く羽毛が多く残るわけです。
ですので、お客様にはこのことをお伝えし、リフォームの内容も大幅に変更することになりました。
 
 
いや、本当に不思議です。。。
いずれもお客様にとってプラスになるようなイレギュラーではなく、使い勝手が悪くなるだけの、つまるところミスと言っても差し支えないようなケースです。
しかも売り手側にとっても何のプラスにもならないという。。。
いやはや不思議です。。。
 
 
最終的には、ご自宅がかなり暖かい&暑がりの男性が使う&春秋用にしたいということでしたので、残った羽毛を三等分し、比較的薄めの春秋用羽毛布団3枚に仕立て直しました。
 
 

 
側生地:バティスト80
羽毛充填量:0.76kg
キルティング:5×6マス立体キルト(マチ高3cm)
 
 
快眠屋ではお預かりした羽毛布団には何g羽毛が入っていたのか、そして洗浄後には何g残ったのか、きっちりとお伝えさせて頂きます。
安心してご相談ください。
 
 
 
 




 
 
オーダーメイド枕・布団・ベッド・寝具専門店【快眠屋おの】
〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3
TEL: 0120-12-3359
E-mail : info@kaiminyaono.com

水曜定休 駐車場8台
 
HP: https://kaiminyaono.com