Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 羽毛布団リフォーム|西川リビングの婚礼布団
羽毛布団リフォームロマンス小杉ゴアテックス

羽毛布団リフォーム|西川リビングの婚礼布団

リフォームのご相談を頂いたS様ご夫妻。
去年は「寝ると身体全体が痛い」というご主人に当店でベッドとオーダーメイド枕をご用意させて頂き、そして今年は奥様にベッドとオーダーメイド枕をお買い上げ頂きました。
ベッドと枕を変えてから身体の痛みがなくなり、随分と睡眠の質が改善したということです。ありがとうございます。
今回は30年近く前にブライダルで購入された羽毛布団がどうにかならないかというご相談でした。
 

【お預かりした2枚の羽毛布団】
大阪西川羽毛布団リフォーム前左が0.7kg入り。右が1.8kg入り。
大阪西川羽毛布団リフォーム前大阪西川羽毛布団リフォーム前
メーカー:大阪西川(現:西川リビング)
使用年数:30年前後
サイズ:ダブルサイズ

側生地:綿100%
本掛:ホワイトグース95% 1800g
肌掛:ホワイトグース95% 700g

お預かりしたのはS様ご夫妻がご結婚された時に婚礼布団として購入されたダブルサイズの羽毛布団です。レムズという大阪西川の高級ラインの商品で、冬用の本掛けタイプと、夏用の薄掛けタイプの2枚を季節に合わせてお使いになっていらっしゃいました。
しかし今はダブルではなく、シングルサイズのベッドにそれぞれおやすみになっておられる上に、長年使用されていることもあり、汗染みや汚れ、ボリュームダウンが明らかに見て取れるという状態。
そこでS様のご希望としては、この2枚のダブルサイズの布団をボリュームを復活させつつ、シングルサイズ2枚にリフォームしたいというものでした。
 
S様のご了承を得て、布団から中身を取り出してみると、流石当時の最高級クラスの商品だけあってかなりハイグレードな羽毛が使われていました。それなりにベトつきや傷みはあるものの、これならプレミアムダウンウォッシュで十分パワーが戻るだろうと判断できるものです。
わずか数年で粉々になってしまう品質の羽毛もあれば、この羽毛のように長年使用してもリフレッシュをすればまた長く使えるようなものもあります。
また良いものは料理の仕方さえ間違えなければ、長く使えるだけじゃなく、快適な眠りを与えてくれます。
(料理の仕方についてはこちらを参照→『どれだけ素材が良くても調理方法が間違っていたら台無し』)
 
リフォーム後
大阪西川羽毛布団リフォーム後

ご主人用:900g仕上げ

大阪西川羽毛布団リフォーム後

奥様用:1400g仕上げ

ダブルの冬用1枚と夏用1枚からシングル2枚にリフォームしました。
取り出し羽毛:1,760gと630g

洗浄・除塵後:2,150g

補充羽毛:DP440 ホワイトマザーグース95% 150g

使用した側生地:スーパーソフトサテン(99g/㎡)

キルト:オリジナルⅡと5×6立体
ご主人用:900g仕上げ
奥様用:1400g仕上げ
リフォーム総額(2枚分):138,240円(税込)
ご夫婦それぞれの体質の差と、寝室環境を考慮して、羽毛の量を大きく変えています。
元々の羽毛の質が非常に良いものでしたので同クラスの新羽毛を適量補充し、側生地にはサテン生地においては最軽量クラスのものをお選び頂きました。
トロトロふわふわの仕上がりです。
秋以降の出番が待ち遠しいですね。
 

羽毛布団リフォーム