Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 羽毛布団リフォーム|鹿児島のお客様から京都西川さんのリフォームご依頼
京都西川羽毛布団リフォーム後

羽毛布団リフォーム|鹿児島のお客様から京都西川さんのリフォームご依頼

前回の記事でも少し触れましたが、鹿児島のお客様(H様)からのリフォームご依頼です。

H様は4〜5年前に楽天のショップで京都西川の羽毛布団を購入されたそうです。ところが暖かすぎて寝汗をかいてしまうそうな。寒いのは困りものですけども、暖かすぎて寝汗をかくというのはそれはそれで問題がありますよね。そこでその布団がどうにかならないかと当店にご相談を頂いたわけです。

 

暖かすぎる布団は睡眠の質を下げる

昨今の気密性や断熱性が向上した住宅で使うのなら、パンパンに膨らんだボリューミーな羽毛布団は必要ありません。また代謝の高い成人や子供が使う場合もこのような布団は必要はありません。このような場合は羽毛をたっぷり詰め込んで保温性を確保するよりも、通気性の高い生地を使用して「湿度のコントロール」を充実させたり、羽毛の量は控え目にした方が快適におやすみ頂けるのです。

ところが京都西川の上位グレードの羽毛布団はダブルフェイスやトリプルフェイスといった「保温性の向上」に特化したキルティングがウリです。他社との差別化を「保温力の高さ」で図ろうとしているわけですね。

ですが現代においては「とにかく暖かい」ということよりも「あくまで適度な保温力」と「湿度のコントロール」の方が重要になりつつあるわけですから、京都西川のウリはかえって眠りを阻害してしまうことにもなりかねないわけです。

ただしこれは京都西川に問題があるというよりは、京都西川の布団を販売している小売店側の「とにかく暖かい布団を作ってくれ」という要請による部分が大きいと思われますし、小売店側も商売ですからボリュームがあって見た目が良い布団の方が売りやすいというのもまた事実なわけです。

うーんなんとも難しい問題です。時代に適した快適な布団を売ろうとしても、それがお客様に受け入れられないのであれば商売が立ち行きませんので。。。

私どもは無謀にも「売りやすい布団」よりも「使って気持ちの良い布団」を提供することにこだわっていますが、やはり一筋縄ではいかない難しさを日々痛感しております。

 

【お預かりした羽毛布団】
メーカー:京都西川
使用年数:4~5年
サイズ:ダブルサイズ

側生地:綿100%
キルト:二層式 

冬用:ホワイトグース93% 1700g

京都西川羽毛布団リフォーム前 京都西川羽毛布団リフォーム前

京都西川羽毛布団リフォーム前

中の羽毛はグースダウン93%。非常に質の良いものでしたし、まだ数年しか使用されていませんので、状態は良好。ただH様が仰られていたように寝汗をかいていたということで、若干玉ダウンやピリングが見受けられました。

洗浄せずにこのまま入れ替える方法と、洗浄・除塵をしてから入れ替える方法の二つを提案させて頂いたところ、せっかくだからと洗浄を希望されましたのでプレミアムダウンウォッシュ方式でリフォームをさせて頂くことになりました。

 

リフォームに関するご希望

①ダブルの布団1枚から「ダブル1枚&シングル1枚」に

②なるべく軽く、快適に眠れるものを

③春秋冬と3シーズンに渡って使いやすい暖かさに

 

リフォーム後

●取り出し羽毛:1,640g
●プレミアムダウンウォッシュ後:約1440g(1450gとして計算)
●補充羽毛:DP420  ホワイトグース93%  450g

【ダブルサイズ】
●使用した側生地:ソフトバティスト(85g/㎡)
●キルト:6×6立体
●羽毛量:1100g

京都西川羽毛布団リフォーム後 京都西川羽毛布団リフォーム後 京都西川羽毛布団リフォーム後 京都西川羽毛布団リフォーム後

側生地はソフトバティスト生地を使用しました。

このソフトバティスト生地は通気度が高く、蒸れにくいというメリットがあるため、快眠屋でもイチオシの生地です。ところが通気度が高い分、ゴミやフェザーが多い羽毛と組み合わせるとそれらが吹き出すリスクがあります。ですので羽毛が傷んでいることの多いリフォームでは使うことはあまりありません。

ですが、H様の羽毛は傷みが少なく、ファイバーもほとんどありませんでしたので、今回はこちらをご提案させて頂きました。

洗浄後の羽毛が1450gでしたので、そのうちの800gを後ほど紹介するシングルサイズに使用し、このH様用のダブルサイズには残った650gに新品の羽毛を450g補充して1100gで仕上げました。

またキルティングはこれまでの二層タイプではなく、標準的な立体キルトです。二層キルトは保温性が高まる一方で、水蒸気が抜けにくいというデメリットがあるため、かえってシンプルな立体キルトの方が快適なケースも多いのです。

【シングルサイズ】
●使用した側生地:ソフトサテン(114g/㎡)
●キルト:5×6立体
●羽毛量:800g

京都西川羽毛布団リフォーム後 京都西川羽毛布団リフォーム後 京都西川羽毛布団リフォーム後

こちらは来客用にリフォームさせて頂いたお布団です。年間を通じて使いやすく、冬は毛布などをプラスすれば乗り切れる厚みで仕上げさせて頂きました。洗浄後に残った羽毛1450gのうち800gを使用し、新羽毛は補充しておりません。

リフォーム総額:107,750円+税

 

 

羽毛布団はどれだけ素材が良くても仕立て方が間違っていたら台無し

羽毛布団リフォーム