Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 10年前にリフォームした羽毛布団をもう一度リフォーム

10年前にリフォームした羽毛布団をもう一度リフォーム

シングルサイズの羽毛布団をセミダブルサイズにリフォームできませんか?
できます。
大きなサイズにリフォームするわけですから、新たに補充する羽毛の量は多くなってしまいますが、シングル→セミダブルや、シングル→ダブルへのサイズ変更も承っております。
さりとて羽毛の損傷が激しければ話は別です。あくまでリフォームに耐えうる羽毛だという前提があっての話ですね。
快眠屋のリフォームについてはこちらをご参照ください

羽毛布団リフォーム



さて、今回お持ち込み頂いたシングルサイズの羽毛布団は過去に1度他店様でリフォーム済みのものでした。通算で20年以上使用されている羽毛です。
1度リフォームをされているとは言え、20年モノになってきますと羽毛がボロボロになっているケースも多いので、やはり羽毛診断は欠かせません。布団から羽毛を抜き出して、羽毛の汚れ具合やファイバーの量をチェックします。
見た目的には十分ボリュームはありますが、果たして………

結果から申し上げると、相応の傷みや汚れがあるとはいえ十分リフォームができるレベルでした。
そこで布団を解体して羽毛を取り出したところ、元の量は1490g。プレミアムダウンウォッシュ後に残った量が1300gでした。
ここにダウンパワー390のホワイトグースダウン90%を450g補充し、1750g入りの羽毛布団として仕上げさせて頂きました。
セミダブルサイズで1750gというと若干多めの充填量ですが、元々の布団が約1500g入りでしたので、同じようなボリューム感で仕上げて欲しいというお客様のご要望と、そもそもが20年モノの羽毛で傷みが出てきていることを考慮すればこれくらいは必要でしょう。

また側生地は80番手の朱子織 (サテン織) を使用し、キルティングは両サイドが少し細めになっている5×5マス立体。肌沿いがいいようにマチ高を8cmで仕上げ、凸凹感を最小限に抑えました。
リフォームにかかった代金は総額で、57,400円 (税抜)です。

またこちらの羽毛布団用のカバーとして、インド綿とリヨセルを使用した極上の風合いのカバーも一緒にお買い上げ頂きました。
シングルサイズで600gを切る超軽量のカバーです。
心地よい布団には心地よいカバーを。
T様、リフォームのご依頼を頂きありがとうございました。