フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 羽毛布団リフォーム|大阪西川の羽毛布団をリフォーム

羽毛布団リフォーム|大阪西川の羽毛布団をリフォーム

先日兵庫県にお住まいのお客様 (M様) からリフォームのご相談を頂きました。M様とはお子さんのベビー寝具のご相談を頂いたのがきっかけで、それ以来実際に伊勢まで来て頂いたり、羽毛布団をご用意させて頂いたりと大変お世話になっております。

今回送って頂いた羽毛布団は、大阪西川 (現・西川リビング) の羽毛布団でした。品質表示はホワイトグースダウン95%の1.4kg入り。キルティングは4×5マスの通常立体。側生地は綿100%です。恐らく当時の大阪西川の中でもほぼ最高クラスの品だったのではないでしょうか。

しかし汗っかきの男性の方が15〜20年ほど使われていたということもあり、失礼な物言いで大変恐縮ですが、かなり見た目的にもくたびれてしまっています。四つ折りの状態で高さを測っても30cm弱しかボリュームがありません。。。

また中の羽毛を取り出して傷み具合をチェックさせて頂いたところ、元々の羽毛はかなり良いものだったと予想はされますが、玉ダウンとピリングが大量に発生しておりまして、『うーん、この感じやとプレミアムダウンウォッシュでも完全に羽毛を開かせるんは難しいかもしれんなぁ。。。』という状態でございました。

しかしM様にとっては思い出の品です。そこでどうするのがベストなのか話し合いをさせてもらった結果、完全に復元させることは難しいかもしれないということをお伝えさせて頂いた上で、今回はリフォームをさせて頂くことになりました。

 

プレミアムダウンウォッシュ後に残った羽毛は950g 。そこにDP390のホワイトグースダウン90%を300g補充し、1250gで仕上げます。

側生地は綿100%のバティストを使いました。どうしてもサテン生地と比べると使い始めはハリハリと硬いのですが、それでもこの圧倒的な軽さは捨てがたいものがあります。特にリフォームのように傷んだ羽毛を吹き込む場合は尚更です。

※ドイツ製のスーパーソフトバティストまでグレードが上がると硬さはほとんど気になりません。

キルティングは4×5マスではなくオリジナルⅡです。身体が入る中央に縫い目が来ないので、保温力が高まります。マチ高は7cmだと高すぎるので5cmに抑えました。

さて、問題の仕上がりはと言いますと、さすがはプレミアムダウンウォッシュといったところでしょうか。随分とボリュームが復活してくれました。同じ四つ折りの状態で比べてもリフォーム前と後ではその差は歴然です。傷んでいたとはいえ元々の羽毛が良かったからこそできた芸当でしょう。粗悪な羽毛ではこうはいきません。

リフォームにかかった代金は総額で、45,600円 (税抜) でした。

M様いつもいつもありがとうございます( ´ ▽ ` )