フリーダイヤル

0120-12-3359

快眠屋おの

◆ 住所: 〒515-0505
  三重県伊勢市西豊浜町4951-3
◆ 営業時間: AM10:00~PM7:00
◆ 定休日: 水曜日
◆ TEL: 0596-37-6010
◆ Email: info@kaiminyaono.com

FACEBOOK

Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / 商品一覧  / 羽毛布団 / コットン100%の軽量生地

cotton100% textile

自然素材100%の側生地

『温度33℃湿度50%を目指すために』

羽毛布団の快適さは生地で決まる

羽毛布団を買う時に、「羽毛の質」については重視しても、その羽毛を包んでいる生地の性能のことまで考慮している人は少ないのではないでしょうか。

実際にテレビショッピングや通販サイトを眺めていても、羽毛に関しては「もうお腹いっぱいだよ…」というくらい沢山の説明があるのですが、生地についての詳しい説明はほとんどありません。申し訳程度にこっそりと「ポリエステル85%綿15%」と記載されているだけです。『生地は羽毛布団の使い心地を左右する最も重要な要素』であるにも関わらずです。

羽毛布団の快適さは、羽毛の質よりもむしろ生地の性能で決まるということをぜひお見知り置き下さい。

ポリエステル(混)生地はNG

ここ数年ポリエステル(混)生地を使った羽毛布団が増えています。羽毛の原料価格が高騰しつつあるため、生地の質を下げて、価格を維持しようとしているわけです。

しかしポリエステル系の生地は通気性に乏しく、羽毛本来の吸湿発散性を活かすことができないという大きな大きな欠点があります。

私たちが快適に眠るための寝床の中の湿度は約50%ですが、通気性がほとんどないポリエステル系の生地ではこの理想の数値をキープすることができません。

単に羽毛布団を作るだけならポリエステルの生地で良いでしょう。

ですが私たちが目指すのは快眠するための羽毛布団です。睡眠の質を考えた時、真っ当な企業姿勢を持っていればポリエステルの生地は使ってはならないものです。

通気性に優れた蒸れない生地

どれだけ最高級の羽毛を使っていても(それこそアイダーダウンでも)、その羽毛を包んでいる生地がビニールのようなものなら台無しです。羽毛自体は吸湿発散性に優れた素材ですが、ビニールのように通気性のない生地で覆った瞬間、その性能は発揮されなくなるからです。先述したポリエステル(混)生地がまさにこのケースです。

これは羽毛布団だけに限った話ではなくベッドパッドなどにも言える話ですが、中綿素材の性能を正しく引き出すためにはある程度通気性が確保された生地と組み合わせる必要があります。

快眠屋では、ドイツ製のバティスト生地や、日本最軽量のバティスト生地など綿100%かつ、通気性に優れたムレにくい生地をご用意しています。

羽毛を膨らみを邪魔しない軽い生地

生地が軽いとどのようなメリットがあるのでしょうか。まず一つ目は、布団全体の総重量が減るということ。そして二つ目は、生地が軽いと羽毛が膨らみやすくなるので、詰め込む羽毛の量を少なくしても=軽くしても十分暖かいということ。どちらも布団の軽量化に関するメリットです。

重いコートと軽いコートがあって、どちらも同じ暖かさなら多くの方が軽いコートを選ぶでしょう。羽毛布団も基本的には軽いモノの方が、心臓や肺への負担がへり、寝返りも打ちやすくなるのです。

そして生地が軽いということは、生地が薄いということでもあります。生地が薄いほど体温が羽毛に伝わるのが早くなり、スムーズに布団が温まるというメリットがあります。

さらに生地が薄いということは、しなやかで柔らかいということです。しなやかでソフトな生地を使った羽毛布団は身体へのフィット性が高く、熱を逃がしにくいという特徴もあります。

柄よりも無地の生地

快眠屋の生地は柄がないシンプルな無地のモノばかり。柄がプリントされた生地は塗料が乗っている分、素材本来の良さが損なわれ、吸水性が悪くなっているからです。ムレない爽やかな羽毛布団作りを目指す私たちにとって、この違いはとてもとても大きな差です。

柄のない生地は地味に思われるかもしれませんが、無地の生地はカバーをかけた時に布団の柄が透けてカバーのデザインを邪魔してしまうということもありません。

それでも柄の生地が良い!という方のために、柄の生地もご用意しておりますが、基本はシンプルかつ、機能に優れた無地の生地をオススメします。

サテン織と平織の違い

サテン織は、横糸に比べて縦糸が多く表面に表れる織り方で、光沢が強く、シルクのような滑らかな風合いが得られるのが特徴です。日本の羽毛布団では高級品になればなるほどサテン織、それも細番手の生地が使われるようになっています。

一方で平織は、縦糸と横糸が交互に表面に出る織り方で、非常に丈夫で羽毛が吹き出しにくいという特徴があります。また平織の最大の特徴はその軽さと薄さ。サテン織は世界最軽量クラスでも90g〜100g/㎡ですが、平織は70g/㎡を下回る軽さです。ヨーロッパでは日本と違い、この平織が一般的です。

サテン織のメリット
■光沢があり、高級感がある
■しなやかで柔らかく、身体にフィットしやすい

サテン織のデメリット
■生地が重く、羽毛が膨らみにくい
■羽毛が吹き出しやすいため、ダウンプルーフを強めにかける必要がある
■その結果、通気性が悪く蒸れる
■丸洗い後に羽毛が吹き出しやすい

平織のメリット
■丈夫なので丸洗いをしても型崩れが起こりにくい
■生地が軽く、羽毛が膨らみやすい
■生地が薄く、体温が羽毛に伝わりやすい
■羽毛が吹き出しにくいため、ダウンプルーフをそれほどかける必要がない
■その結果、通気度が高く蒸れにくい

平織のデメリット
■サテンよりも肌触りが硬くなりやすい

結論:理想の生地はコレ

ドイツ・SANDERS社
スーパーソフトバティスト(平織)

これらの条件を満たす理想の生地が、超細番手の糸を平織で仕上げた「スーパーソフトバティスト(SSB)生地」です。バティストとは、平織の中でも100g/㎡を切る高品質なものに使われる名称です。ドイツ・sanders社の最上位グレードの生地で、残念ながらこのレベルの生地は日本では織ることはできません。

素材は吸湿性に優れた綿100%。

重量は世界最軽量クラスの68g/㎡。

通気度はポリエステル混生地の約6〜7倍の5.0cc/㎠/sec。

平織とは思えない、圧倒的な光沢と柔らかさ。

一般的な綿100%の生地の通気度は約1.0〜2.0ccです。これがポリエステル混の生地になるとさらに通気度は低下し、1.0cc未満になります。SSB生地の5.0ccという通気度がどれだけ高いかということがお分かり頂けると思います。

このSSB生地の唯一の欠点は、ネックフェザーやファイバーが多い中低級クラスの羽毛を使用すると、これらのゴミが吹き出しやすいということ。そのためゴミが少なくダウンボールが丈夫で大きい、最上の羽毛と組み合わせる必要があります。

具体的には「ポーランド|手選別ステッキーマザーグース98%」、もしくは「白翎|手選別ステッキーマザーグース95%」と組み合わせます。どちらも人が手作業でビッグダウンのみを選り分けたもので、ゴミが少なく、アイダーダックダウンのように羽毛同士が絡み合う特性を持っています。

SSB生地は、とにかく心地よい羽毛布団をお探しの方には最適な生地です。

次点でオススメしたい生地

日本・蔭山社
ソフトバティスト(平織)

SSB生地に次ぐ、オススメの生地がこのソフトバティスト(SB)生地です。SB生地は日本の羽毛布団生地メーカーのパイオニアである蔭山社の生地で、sanders社のSSBには流石に及びませんが、コストパフォーマンスに非常に優れています。

素材は吸湿性に優れた綿100%。

重量は日本最軽量クラスの85g/㎡。

通気度はポリエステル混生地の約3〜4倍の3.0cc/㎠/sec。

平織の中では最高レベルの柔らかさ。

SSBに比べると、軽さ、通気度、柔らかさに劣るものの、通気度を日本基準ギリギリの高さにまで抑えているため、きちんと洗浄、精製されたグースダウンであれば羽毛の吹き出しのリスクはありません。『SSB生地が良いのは分かるけど、予算オーバーだ……』という場合は、こちらのSB生地をご検討下さい。SB生地でもかなり良好な寝床内気候を実現することは十分可能です。

その他の生地ラインナップ

【バティスト生地 綿100% 94g/㎡】

快眠屋のスタンダードな羽毛布団 (クラス3) に使用している生地です。超長綿の80番手単糸で織り上げた平織りの生地で、同番手のサテン生地に比べて薄く、軽いことが何よりの特徴です。

最初はハリハリと少し硬さを感じますが、1シーズンも使用して頂くと随分と生地がこなれ、柔らかい風合いに変化します。

さらに平織りは生地の組成が安定しているため、サテン織りに比べて羽毛が吹き出しにくいというメリットもあります。

この生地を使用した羽毛布団はこちら

クラス3|ポーランド
クラス3|安徽省

【ツイル生地 綿100% 136g/㎡】

40番手と50番手の単糸を使ったツイル織の生地で、バティスト生地やサテン生地に比べると重さや硬さを感じますが、昨今市場のほとんどを席巻しているポリエステル混の生地と比べると蒸れずに爽やかな使い心地が得られます。快眠屋では普及品クラスの羽毛布団に使用しています。

【サテン生地 綿100% 136g/㎡】

超長綿の60番手単糸を使ったサテン織の生地です。今では中級クラス以上の羽毛布団でもポリエステル混の生地が使われていますが、一昔前の中高級羽毛布団にはこのクラスのサテン生地が使用されていました。

快眠屋の基準では、「最上級というわけではないが、最低グレードはクリアしたスタンダードな生地」と位置付けています。平織りのバティスト生地に比べると、かなり重量があります。

【ソフトサテン生地 綿100% 114g/㎡】

スーピマ綿を使用した80番手単糸のサテン織生地です。通常のサテン生地をさらにしなやかに、軽く仕上げた生地で、高級羽毛布団を名乗るなら最低でもこのクラスからというクオリティです。バティストほどの軽さや薄さはありませんが、サテン織ならでは柔らかさと光沢があります。

来客用ではなくご自身用に日常使いされるなら、先述したバティスト生地、もしくはこのソフトサテン生地以上のクラスがオススメです。

【スーパーソフトサテン生地 綿100% 99g/㎡】

インドハイブリッド超長綿を極細の糸に紡いだ100番手単糸をサテン織にした生地です。サテン生地の中では、一部の例外を除いては最高グレードの生地になります。

艶のある光沢としなやかさ、そしてバティストに近い軽さを持つこのスーパーソフトサテン生地は、とろけるような肌触りが最大の特徴です。

柔らかさも欲しいけれど軽さも欲しいという方にはこちらの生地をオススメします。