Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / ご夫婦それぞれの体質、カラダの大きさに合わせて羽毛布団をご提案
羽毛布団ポーランドステッキースーパーソフトバティスト

ご夫婦それぞれの体質、カラダの大きさに合わせて羽毛布団をご提案

S様夫妻には過去にFITLABOのオーダーメイド枕とキューブオーダーマットレスをお買い上げいただいております。いつもありがとうございます。そんなお二人から今回は羽毛布団のご相談を頂きました。
これまでお使いの羽毛布団は側生地がポリエステル混のタイプとのこと。
※ポリエステル混生地のデメリットの詳細はこちら
ご主人は布団を掛けても暑くて蹴飛ばしてしまうそうですが、反対に奥様は暖かさが物足りないと思われていたそうです。このように全く同じ布団でもご夫婦で感じ方が違うということはよくあることです。
人間が最もストレスフリーな状態で眠れる寝床の中の温度は33℃。しかしこの33℃を作り出すために必要な布団の暖かさは体質や室温によって変わってきます。
そこで今回はご主人には保温力●●○○○の厚みの羽毛布団を、そして奥様には保温力●●●●○の厚みの羽毛布団をご提案させて頂きました。
 
使用した側生地と羽毛はこちら。
クラス1|ポーランド
【羽毛】
ポーランド手選別ステッキーマザーグース98%
【側生地】
ドイツ・スーパーソフトバティスト

ご主人は背が高く、体格も良いのでサイズは通常より少し大きめの175×220cmです。身長が175cm以上ある方は布団を少し長くした方が快適に眠れます。
羽毛はわずか550gしか充填していません。保温力●●○○○の厚みですし、側生地も世界最軽量ですからこれで十分です。
これまでは通気性の低いポリエステル混の生地をお使いでしたので、ご主人にとっては蒸れて不快な状況だったと予想されます。これでは布団をはいでしまうのも無理のないこと。その点、このスーパーソフトバティストは通気性が非常に高く、身体から出る水蒸気をスムーズに羽毛に吸収させることができ流という大きなメリットがあります。羽毛布団の使い心地を左右するのは羽毛よりも側生地。要チェックです。

奥様は寒がりの方ですから、保温力●●●●○の厚みで仕上げています。サイズは通常のシングルロング。
羽毛の充填量は900gです。身体にフィットしやすいようにキルトも色々と工夫がしてあります。どれだけボリュームがあって見た目が暖かそうな布団でも、身体との間にスキマができてしまっては意味がありません。
お二人ともこれで快適におやすみいただけることと思います。ありがとうございました。