LINEで気軽にお問い合わせ定期購入ガイド オンラインショップオンラインショップ

Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 福島県から羽毛布団リフォームのご依頼と新品のご購入相談
I様羽毛布団リフォーム前

福島県から羽毛布団リフォームのご依頼と新品のご購入相談

福島県のお客様(I様)から羽毛布団リフォームのご依頼を頂きました。

三重の田舎の寝具店を信頼して頂き、本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

羽毛布団リフォーム

遠方のお客様へ|羽毛布団リフォームの流れ

 

送って頂いた羽毛布団

I様羽毛布団リフォーム前 I様羽毛布団リフォーム前 I様羽毛布団リフォーム前 I様羽毛布団リフォーム前

[スペック]

メーカー:不明 

使用年数:20年以上

サイズ:シングルロング(150×210cm)

側生地:綿100%(平織り)

羽毛:ホワイトグース90%

中綿量:1400g

キルト:4×5マス立体

 

使われている生地は平織りの軽量タイプ。今でこそ羽毛布団の生地はサテン(朱子織り)が主流ですが、当時は平織りが使われることも多かったんですよね。

ちなみに平織りの中でも100g/㎡を切るような軽量の生地をバティスト(batist)と言います。

I様羽毛布団リフォーム前

シングルサイズで1400g入りというとかなり羽毛がたっぷり入っていることになるのですが、流石に20年ご使用になっていることもあり、充填量の割にはボリュームがなくなり気味。

 

羽毛の状態は?

I様羽毛布団リフォーム前

こちらがお布団から取り出させて頂いた羽毛です。

この中から玉ダウンを右側に、ヘタったダウンを左側に選り分けるとこんな感じに。

I様羽毛布団リフォーム前

玉ダウンとはフェザーとダウンが完全に絡まり合って潰れた状態のことを指します。玉ダウンはプレミアムダウンウォッシュでも元には戻りにくい(解けない)ので、玉ダウンが多い羽毛ほどリフォームの仕上がりが悪くなります。

そこでI様には「今回の羽毛はリフォームと買い替えのボーダーライン上にある状態」とお伝えさせて頂いたところ、こちらの布団は暑がりのご主人用として薄めの布団にリフォームされることに。

 

プレミアムダウンウォッシュ&除塵後

資料:羽毛布団リフォーム工程

[取り出し量]
約1300g

[洗浄・除塵後]
約1050g (−250g)

 

リフォーム後

I様羽毛布団リフォーム後 I様羽毛布団リフォーム後 I様羽毛布団リフォーム後

サイズ:シングルロング(150×210cm)

側生地:綿100% (ソフトサテン)

補充羽毛量:0g 

仕上げ量:800g

キルト:5×7マス立体キルト

総額:36,000円+税

 

ご主人は暑がりで布団を掛けてもはいでしまいがちということでしたので、今回は元々のお布団よりもかなりダイエットをしてスリムに仕上げました。そのためキルトは5×7マスの立体で、ひとマスあたりの面積を小さくし、マチ高も4cmにしています。

I様羽毛布団リフォーム後

代謝の高い人はそれほど分厚い布団は必要ありません。保温力が高すぎると寝汗でかえって体を冷やしてしまったり、布団を蹴飛ばしてしまって夜中に寒い思いをする羽目になります。

I様羽毛布団リフォーム後(余った羽毛はクッションにしてお返しします)

 

奥様には新品の羽毛布団をご購入いただきました

I様新品羽毛布団ソフトバティスト I様新品羽毛布団ソフトバティスト I様新品羽毛布団ソフトバティスト

奥様にはご主人よりも厚みのある保温力●●●●●○の羽毛布団を新調させて頂きました。こちらは標準的な冬用の厚みです。

ご予算を考慮し、生地はソフトバティスト、羽毛はコストパフォーマンスに優れた中国産のホワイトマザーグースダウン93%をご提案させて頂きました。

こちらはハイクラスの羽毛ですし、生地も非常に軽いので冬用でも1000g入りで十分。

この灼熱の時期に冬のことなんて考えられないと思いますが、これで冬支度もバッチリですね。

I様、ありがとうございました( ´ ▽ ` )

 

羽毛布団リフォーム

熟睡するための羽毛布団