Press enter to begin your search
快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 羽毛布団リフォーム|東京のお客様から婚礼布団リフォームのご依頼
N様の羽毛布団リフォーム後

羽毛布団リフォーム|東京のお客様から婚礼布団リフォームのご依頼

東京都のお客様から婚礼布団のリフォームのご相談を頂きました。

ご結婚の際にお母様が持たせてくれた思い入れのあるお布団で、使い始めてもうすぐ30年になるということです。最近「羽毛布団もリフォームができる」ということをお知りになり、色々とお調べになった結果、当店に行き着かれたそうです。

今年は特に遠方のお客様からリフォームのご相談を頂くことが多いんですけれども、私どものWEBサイトやブログをご覧頂けただけでも嬉しいことですし、ましてや「この店に任せてみようか。」とまで思って頂けたわけですから、本当に有り難い話です。

遠方のお客様も当店に羽毛布団を送って頂ければ、その状態を診断してリフォーム内容の提案とお見積もりをさせて頂きます。どうぞ気軽にご相談下さい。

メールやお電話も大歓迎ですが、ご相談は写真や動画のやり取りが簡単にできるLINE@が非常に便利です。LINEアプリを使用されている方はぜひ当店を友だち登録お願いいたします。

「@kaiminyaono」でご検索ください。

 

【お預かりした羽毛布団】
メーカー:月の友
使用年数:30年近く
サイズ:セミダブルサイズ

側生地:オモテ側:絹50%ポリエステル50%、ウラ側:綿100%
キルト:立体キルトタイプ 

冬用:ホワイトグース90% 1800g

N様の羽毛布団リフォーム前 N様の羽毛布団リフォーム前 N様の羽毛布団リフォーム前

送って下さったお布団は月の友のものでした。

表側はシルクの生地とポリエステルが生地が二重になっているタイプです。長年ご使用されていることもあり、シルクの部分はかなり傷みが進行しています。

N様の羽毛布団リフォーム前 N様の羽毛布団リフォーム前

サイズは170×210cmのセミダブルで、中の羽毛は1800gとかなり多め。

四つ折りにした状態で厚みを計ってみると、35~40cmほどです。1800gも羽毛が入っているということを考えると、新品当初に比べるとかなりボリュームダウンしているはず。

N様の羽毛布団リフォーム前

ただしN様は都内のマンションにお住まいになっていることもあり、新品当初は暖かすぎて、むしろ今くらいのボリュームがちょうどいいとのことでした。

つまり今回のリフォームの目的はこのようなもの。

①保温力自体(厚み)は現状とあまり変えたくない
②生地が傷んでいるので、キレイにスッキリさせたい
③羽毛をリフレッシュして、ある程度長く使えるようにしたい

 

リフォーム後

N様の羽毛布団リフォーム後 N様の羽毛布団リフォーム後 N様の羽毛布団リフォーム後

●取り出し羽毛:1,810g
●プレミアムダウンウォッシュ後:約1360g
●入れ替え羽毛:DP420 ホワイトグース93% 600g
●使用した側生地:スーパーソフトサテン(99g/㎡)
●キルト:5×7立体
●厚み:春秋用約1400g仕上げ

リフォーム総額:96,500円+税

ご予算は10万円と伺っておりましたので、その中で最も仕上がりが良くなるようにリフォームの内容を提案させて頂きました。

プレミアムダウンウォッシュでキレイに洗い上げて、ゴミを取り除いた後の羽毛1360gのうち、560gはクッションに加工してお返しさせて頂き、残った800gに新羽毛を600g補充いたしました。

リフォーム後の厚みの写真を撮り忘れてしまったのですが、ほぼ元どおりの35~40cmに仕上がりました。

つまり元々は1800g入った状態で35~40cmだったものを、400g少ない1400gでも同じだけのボリュームになるようにリフォームをさせて頂いたということです。

全体の約40%が新しい羽毛になりましたので、これでまた長年ご使用頂けるようになります。

そして側生地はスーパーソフトサテンです。

ファイバーの少ない上質な新羽毛の場合は、通気度の高いソフトバティスト生地を使いますが、リフォームの場合は完全にファイバーを取り除くことは難しく、生地からこのファイバーが吹き出す可能性があるので、吹き出しのリスクが低い生地をオススメさせて頂いております。(※と言ってもビニールではないので完全にゼロという訳ではありません)

N様ありがとうございました!

羽毛布団リフォーム事例

羽毛布団リフォーム