LINEで気軽にお問い合わせLINEで気軽にお問い合わせ オンラインショップオンラインショップ

Press enter to begin your search

〒515-0505 三重県伊勢市西豊浜町4951-3 フリーダイヤル:0120-12-3359

info@kaiminyaono.com

営業時間:AM10:00~PM6:30

定休日:水曜日

快眠屋おの<公式サイト> / ブログ  / 羽毛布団リフォーム|元大塚家具社員の方からダウナのリフォーム依頼
F様大塚家具ダウナリフォーム前

羽毛布団リフォーム|元大塚家具社員の方からダウナのリフォーム依頼

三重県内はもちろん、県外のお客様からも羽毛布団リフォームのご相談を多く頂戴しております。遠方にお住まいの方でも安心してリフォームのご依頼を頂けるように1枚1枚丁寧に現状説明をさせて頂いております。布団を直接持ち込めないというお客様もお気軽に電話、LINE、メールでご相談下さい。

※遠方にお住まいで羽毛布団のリフォームをお考えの方はこちらのページをご覧ください。

約15年使用したダウナをリフォームしたい

F様大塚家具ダウナリフォーム前

東京にお住まいのお客様(F様)からダウナのリフォームに関するご相談を頂戴しました。ありがとうございます。

リフォームが終わってから分かったことですが、実はF様は大塚家具の元社員とのこと。当初は大塚家具にリフォームに出すことも考えられたようですが、当店の評判が良かったということで我々にご依頼頂くことになりました。元とはいえ、大塚家具の社員だったF様に社外の私が「ダウナはああでこうだから、リフォームはああでこうで」と偉そうにお伝えしていたかと思うと顔から火が出る思いです。

とはいえ大塚家具様はソファにテーブル、椅子、照明など全てを扱う総合家具店ですから、こと寝具についての専門性は我々に分があるとも思っております。

ダウナのリフォームについては下のページで詳しく解説しておりますので、ダウナのリフォームをご検討されているお客様はまずこちらのページをご覧頂けますと幸いです。

<ダウナのリフォームを徹底解説>

<過去のダウナのリフォーム事例>

リフォーム前の状態

F様大塚家具ダウナリフォーム前
F様大塚家具ダウナリフォーム前
F様大塚家具ダウナリフォーム前
F様大塚家具ダウナリフォーム前
F様大塚家具ダウナリフォーム前

こちらがお送り頂いたダウナです。F様のお話では「羽毛の吹き出しがある」ということでしたが、確かに吹き出しが目立ちます。また15年ほどご使用になっていることもあり、全体的にボリュームがなく、ヘタっていることが分かります。

スペック

F様大塚家具ダウナリフォーム前

[メーカー]大塚家具
[サイズ]155×210cm(実寸150×200cm)
[側生地]綿100%
[キルト]4×5マス立体キルト
[羽毛]推定ポーランドマザーグースダウン95%
[充填量]推定1000〜1050g

品質表示タグが付いていなかったので上記スペックは一部推定です

羽毛の状態は?

さてダウナから羽毛を取り出してみましょう。

F様大塚家具ダウナリフォーム前
F様大塚家具ダウナリフォーム前

ダウンボール自体はなかなか大きめで、核もしっかりしています。ただピリングが多く、汗や皮脂による汚れも年数相応の状態です。

F様大塚家具ダウナリフォーム前

左がダウナ、右が新品です。(新品はポーランド・プレミアムマザーグース95%です)

ややボリュームが足りませんが、ダウンボール自体の損傷はそこまでひどくはなかったので、これならリフォームは可能だろうと判断いたしました。(同じボリュームでも羽毛の質や傷み具合によってはリフォームをオススメしないこともあります)

洗浄・除塵結果

【取り出し羽毛量】

◆ 1040g

ダウナを解体して取り出せた羽毛は1040gになりました。

昔のダウナは今のダウナよりも羽毛の量が多いので妥当なところでしょう。実際には1100g弱の充填量だったのではないかと思われます。

【洗浄・除塵後の羽毛量】

◆ 850g

そしてプレミアムダウンウォッシュ(洗浄・除塵)後の羽毛量はおよそ850gとなりました。約18%減ですので平均的な目減り率ですね。

リフォーム後

F様大塚家具ダウナリフォーム後
F様大塚家具ダウナリフォーム後
F様大塚家具ダウナリフォーム後
F様大塚家具ダウナリフォーム後
F様大塚家具ダウナリフォーム後
  • [サイズ]150×210cm
  • [キルト]変形5×5マス立体
  • [充填量]1050g
  • [生地]ソフトバティスト
  • [補充羽毛]200g (ポーランドプレミアムマザーグース95%)

こちらがリフォーム後の状態です。

F様は「ダウナの良さ(軽さと蒸れにくさ)をある程度残しつつ、吹き出しもできれば抑えたい」ということでしたので、生地は日本製のソフトバティストを使用しました。ソフトバティストはダウナの生地と同様に綿100%の平織生地ですが、ダウナよりも打ち込み本数が多く、羽毛の吹き出し防止加工も強めにかけています。通常、打ち込み本数が多くなると生地は重くなるものですが、ソフトバティストはダウナよりも細い糸を使用しているので、打ち込み本数が多いにも関わらずダウナよりも軽く仕上がっています。

羽毛布団の使い心地、掛け心地は生地で決まるといっても過言ではありません。ビジュアルでは違いが伝わりにくいのですが、快適な睡眠環境を考えるなら生地にこだわりましょう。(もちろんその生地を包む掛布団カバーもですね)

またサイズもリフォーム前よりも大きくなっています。ダウナの場合、シングルサイズは155×210cmと表記されていますが、実際には150×200cm程度のことがほとんどです。

F様大塚家具ダウナリフォーム前F様大塚家具ダウナリフォーム後

上記の比較写真を見て頂くと、ボリュームだけでなく長さも違うことがお分かり頂けるはず。今回は日本で最も一般的な150×210cmで仕上げています。身長が170cm以上の方がダウナを使うと足が出てしまうことがあるのでご注意ください。(身長が180cm弱以上ある方は210cm丈よりもさらに長い220〜230cm丈をオススメします)

F様、この度は当店をお選び頂き有難う御座いました。今後のメンテナンス等もどうぞよろしくお願いいたします。

羽毛布団リフォームバナー

最近はインスタグラムの投稿が多めです。ブログほど濃い内容ではありませんが、フォローして頂けると喜びます。

また先日羽毛布団リフォームに特化したインスタグラムアカウントを解説しました。そちらもご覧いただけますと幸いです。